【日本ふるさと紀行 47】妻沼・俵瀬(埼玉県熊谷市)~初の女医・荻野吟子のふる里 旅行作家 中尾隆之

  • 2019年5月14日

利根川右岸ののどかな田園地帯

 医大入試で女性不利の採点が幾つかの大学で発覚した。そこで女性が医師になれなかった明治時代、理不尽な厚い壁を打ち破って日本初の女医となった荻野吟子を思って故郷を訪ねた。

 生まれたのは熊谷駅北東の利根川と福川にはさまれた旧妻沼(めぬま)町俵瀬村。利根川を背に生誕之地碑、顕彰碑、吟子像が並び、隣に生家の長屋門を模した木造和風建築の荻野吟子記念館が建っていた。

 吟子(本名ぎん)が俵瀬村の名主の荻野家の5女に生まれたのは、嘉永4年(1851)3月3日。幼い頃から聡明をうたわれた。

 17歳で隣村・上川上村の名主の稲村家の長男と結婚するが、夫に淋病をうつされて離婚。2年の入院体験で婦人科診察の男性医師への羞恥や屈辱から女性医師の必要性を痛感し、強い決意で女医を目指した。

 退院後、妻沼聖天山そばの両宜塾で学び、女子高等師範(お茶の水女子大1期生)を経て、私立医学校・好寿院を優秀な成績で卒業。

 医術開業試験願書は東京都、埼玉県、内務省ですべて却下される。だが34歳の時についに希望が叶い、女性でただ1人合格を果たす。

 湯島(東京都文京区)で医院を開業、本郷教会で洗礼を受け、40歳の時、キリスト教伝道に燃える15歳年下の青年と結婚。のちに夫とともに北海道に移住し、社会運動にも尽くすが、結婚14年、夫が死亡。63年に脳卒中で東京で倒れた。

 愛と苦悩と女医先覚の生涯は昭和45年に渡邊淳一の小説『花埋み』に書かれた。土手に立つと、北海道・瀬棚で倒れた吟子が菜の花と利根川と白い帆船に故郷を回想する場面が浮かぶ。

 三田佳子主演の舞台『命燃えて』で名は広まったが、遠い物語に。だが今年は中学の教科書に登場し、今秋、『一粒の麦~荻野吟子の生涯』(若村麻由美主演)の映画が上映される。

 女医の道を拓いた吟子が花の埋みから起き上がり、麦のように力強く芽吹くことだろう。

(旅行作家)

●荻野吟子記念館TEL048(589)0004

関連する記事

日本国中が新天皇の即位と新元号「令和」に沸いた。さらに史上初の10連休となったゴールデンウイークも終わり、静けさが戻り出したかと思えば、オリンピックの入場券の予約申し込み…

続きを読む

前回に引き続き、労働時間を減らしながら売り上げを維持・向上するためのポイントを紹介しよう。仕事のやり方を変えずに新法に対応しようとすると、より多くのスタッフが必要となり、…

続きを読む

「春の全国交通安全運動」が11日から20日まで行われる。痛ましい交通事故が相次いでいるだけに、この機会にドライバーは安全運転の重要性をいま一度確認してほしい。旅館・ホテル…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube