【日本ふるさと紀行 44】高松(香川県高松市)~多才な文人・菊池寛の故郷 旅行作家 中尾隆之

  • 2019年3月25日

名城と名園に城下町の面影宿る

 瀬戸内海に臨む高松は、かつて松平氏12万石の城下町。瀬戸大橋開通までは連絡船が通う四国の玄関口としてにぎわった。

 3層の天守閣と17の櫓を構え、堀に海水を引き込んだ高松城は今も櫓や石垣、堀、屋敷を残し、大名庭園・栗林公園とともに城下町の歴史を語りかける。

 この高松藩の儒学者の家に生まれたのが菊池寛。『父帰る』『恩讐の彼方に』『忠直卿行状記』で人気を博した小説家。文芸春秋社を起こした実業家でもある。

 明治21年生まれで59歳で没。昨年、生誕130年・没後70年の記念事業が催された高松を訪ねた。

 最初に向かったのは中央公園南の菊池寛通り。通りに面した生家跡は駐車場になっていて、片隅の大国天像がそれを伝えるのみ。だが通りの東寄りに、放蕩(ほうとう)で家出して20年振りに帰ってきた父を許さぬ長兄と母、弟妹らの葛藤の場面の『父帰る』のブロンズ像に寛のふるさとを実感。中央公園には実業家らしいいでたちの銅像があった。

 その西方1.5キロほどにある菊池寛記念館で、自筆原稿や愛用品、書斎、展示に見入って、人柄や生涯、功績をしのんだ。記憶力がよく、11歳で文芸雑誌や紅葉、露伴らの小説に親しみ、中学時代は図書館に毎日に通って蔵書の大半を読破した。

 高松中学を首席で卒業、20歳で入学した東京高等師範(旧東京教育大)は1年余で辞め、次に入った旧制一高では芥川龍之介、山本有三、土屋文明らと同級。その卒業前に京都大学に転入する。卒業後は戯曲や小説を執筆。『真珠夫人』などで流行作家で脚光を浴びた。

 一方で文芸春秋の発刊や新進作家の登竜門の芥川賞、直木賞の創設、文芸家協会の発足などを果たす。それらは今も大きな存在感をもって続いている。

 物事に無頓着ながら繊細で面倒見がよく、「文壇の大御所」と慕われた菊池寛。その足跡や高松へ寄せる思いを深くした。

(旅行作家)

●高松市観光交流課TEL087(839)2416

 

関連する記事

近代化の偉才生んだ鍋島藩の城下町 佐賀駅から南の佐賀城に向かって真っすぐのびる中央大通りを歩いていると、歩道に並ぶ人物像のモニュメントに足が止まる。佐賀が誇る幕末・維新に…

続きを読む

一般旅行者が、「ここに行ってみたい」と感じて(旅行会社やデスティネーションの立場としては、そう感じてもらえるようプロモーションを実施して)から手配(予約)が完了するまでの…

続きを読む

前回に引き続き、労働時間を減らしながら売り上げを維持・向上するためのポイントを紹介しよう。仕事のやり方を変えずに新法に対応しようとすると、より多くのスタッフが必要となり、…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube