【日本ふるさと紀行 20】遠野(岩手県)~柳田國男「遠野物語」の舞台 中尾隆之

  • 2018年3月1日

民話のふるさとの原風景が息づく町

 岩手県中央部の盆地にひらけた遠野は、遠野南部氏1万2千余石の城下町。内陸と三陸海岸を結び物資の集散や人の往来で栄えた宿場町。そして百余年前に書かれた柳田國男『遠野物語』のふるさとでもある。

 物語にひかれて訪ねる人は今も多い。その一人になって遠野駅に降り立った。駅前の「此話はすべて遠野の人佐々木鏡石君より聞きたり」の石碑にさっそく物語の世界へ。貸し自転車で白壁や木組みの民芸調のきれいな町を一巡りして、「とおの物語の館」に入った。

 門をくぐると左に柳田の定宿だった旧高善旅館と晩年暮らした東京・成城から移築した旧隠居所。右には造り酒屋の蔵を改造して民話を映像や絵で展示、解説する昔話蔵があった。

 柳田國男は東京帝大を出て中央官庁の役人だった33歳の頃、早稲田大学に通う遠野生まれの文学青年の佐々木喜善(筆名・鏡石)に会い、月に1度自邸に招いて遠野の民話を聞いた。

 「其話を其まま書きとめて『遠野物語』をつくる」と日記に書いたように2年後に自費出版。これが国文学者・折口信夫や泉鏡花、芥川龍之介、三島由紀夫らに賞讃された。のちに柳田は「日本民俗学の父」と、また喜善は民話の採集に傾倒し「日本のグリム」と呼ばれた。

 物語は馬と結婚した娘オシラサマの話をはじめ、河童、天狗、座敷わらしなどの妖怪や怪談など不思議話が119話。中の一つ二つを館内の遠野座で聞いた。

 「むがす(昔)、あったずもな」とゆったりした口調で始まる語り部の話は方言で分かりにくいが、仕草や表情でしだいに言葉が見えてきた。こうして語り部の話に耳を寄せるのも遠野ならではの旅時間である。

 話の後で物語にゆかりのサムトの婆や池端の石臼、常堅寺、カッパ淵、デンデラ野へペダルを踏んだ。

 そこは日本のどこにでもある何気ない道や小川、野原。だが物語をまとった風物はどこか親しみ深く、懐かしい。

(旅行作家)

 ●遠野市観光協会TEL0198(62)1333

関連する記事

東京モーターショーが久しぶりに来場者数100万人を突破したというニュースがあった。今回大幅に刷新された展示内容の大きなテーマの一つが「体験型コンテンツ」であった。やはり、…

続きを読む

今年の10月27日から成田空港の運用時間が、従来の6時から23時までだったのが、1時間延長して夜中0時までに伸びた。深夜の運用時間拡大により、空港への交通アクセスも充実す…

続きを読む

遺構が世界遺産に登録されている那覇市の首里城の火災は正殿など7棟にも及んだ。私も数回訪ねており、衝撃と落胆に包まれている沖縄県民と同じ気持ちである。 歴史文化や観光とし…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube