【旅館・ホテルの衛生管理商品】キッコーマンバイオケミファのATPふき取り検査器

  • 2018年5月10日

専用綿棒でふき取る

衛生状態を簡単に測定

 バイオ技術を生かした各種検査キットなどの販売を手掛けるキッコーマンバイオケミファは、厨房や入浴施設などの衛生状態を現場で簡単に測定できるATPふき取り検査器「ルミテスターPD―30」と検査試薬「ルシパックA3シリーズ」を販売している。

 宿泊施設をはじめとした厨房で発生する食中毒。冬場にはノロウイルス食中毒、夏場には微生物による食中毒と、年間を通して食中毒事故のリスクがある。特にノロウイルス食中毒に関しては、従業員の不十分な手洗いが原因である事例が多く報告されている。また、訪日外国人の増加などで利用頻度の高まる温泉施設では、これまで以上にレジオネラ症対策などの衛生管理が求められており、自治体を挙げてレジオネラ症対策に取り組んでいる例もある。

 これらのリスクに共通する対応策は「洗浄」で、その正しい洗浄の効果を「見える化」するのが同製品だ。

 食品残渣などをはじめとした有機物に含まれるATPを指標として、正しく洗浄が行われているかを数値で把握(洗浄度検査)することができ、数値が高ければ食品残渣や微生物などの汚れが残っていると判断できる。

 操作は大変簡単。専用の綿棒で検査箇所を拭き取り、試薬が入ったホルダーに綿棒を戻して反応させ、そのままハンディタイプの測定器、ルミテスターで測定するだけ。測定時間は10秒。専門家でなくても、誰にでも簡単に行えるのが、同製品最大の特徴だ。

 今後はこれまで以上に厳しい衛生管理の自主管理が求められ、衛生管理の質が施設の品質につながっていく。厨房や入浴施設の管理に、導入を検討してみてはどうだろうか。


http://biochemifa.kikkoman.co.jp/la/


関連キーワード

関連する記事

施設利用者の携帯にメッセージ FunFusion(ファンフュージョン)は、ホテル・旅館向けSMS(ショートメール)送信サービス「ホテル旅館SMS」を提供している。これは、…

続きを読む

日英中韓5言語に対応 旅館・ホテル専門の情報システム会社、タップが提供する自社サイト向け予約システムは「イーコンシェルジュ(e―concierge)」。 日本語と英語、…

続きを読む

カレンダー形式で管理する新機能も 鉄道情報システム(JRシステム)の予約サイトコントローラー「らく通with(ウィズ)」は、旅行会社(リアル)と予約サイト(OTA)からの…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

東京スカイツリー・日台観光友好交流5周年「台湾観光フェア」