【旅館ホテル向け設備特集】YKK APの高断熱樹脂窓

  • 2019年11月14日

HOTEL MADOの「内倒し・内開き窓」

アルミ窓に比べ約3倍

 住宅・ビル建材のYKK APは、ホテル・旅館などの宿泊施設専用の商品を強化している。それが、高断熱樹脂窓「HOTEL MADO(ホテルマド)」と、客室と廊下間の音漏れに配慮した「HOTEL DOOR(ホテルドア)」だ。

 HOTEL MADOは、ビル商品としては最上位クラスの高断熱性能が特徴。樹脂フレームとLow―E複層ガラスにより、これまでの宿泊施設で主流だったアルミ窓に比べ、約3倍の断熱性能を実現する。

 これにより「コールドドラフト」と呼ばれる窓辺からの不快な冷気を抑え、暖かいくつろぎ空間を届けるとともに、空調効率の改善による冷暖房費用の削減も期待できる。また、窓の高断熱化により結露の発生を抑制し、眺望や清潔感のある快適な客室を維持することができる。このほか、窓が内側に開く仕様のため、管理者が外側のガラス清掃を安全・容易に行えるようになったことや、20階建て程度の高層ホテルにも対応する高強度仕様で、宿泊施設に適した仕様となっている。

 一方のHOTEL DOORは、客室ドアを閉めると、扉下部からエアタイト材が下降し床と密着して、ドアと床の隙間をふさぐ。これにより音や光漏れを防止し、快適な安眠環境を提供する。また、心地よい空間を美しくコーディネートする全28色のドアカラーデザインも特徴だ。

 両商品はともに、2019年度のグッドデザイン賞も受賞。「現代の宿泊施設に求められる機能を高い次元で具現化した」と評価された。低炭素社会への貢献や、期待されているインバウンド市場拡大に向けて需要が高まる宿泊施設にとって、環境面でも経済面でも大きなメリットのある商品だ。

HOTEL MADOの「内倒し・内開き窓」

YKK AP株式会社


関連キーワード
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube