【旅館はもっと良くなるべきだ 旅館経営 タテ・ヨコ・ナナメ 119】新型コロナウイルスへの経営対応6 出口戦略 リョケン代表取締役社長 佐野洋一

  • 2020年5月26日

 今月14日に39県で緊急事態宣言が解除され、事態はようやく上向き始めた。楽観はできないが、そろそろ商売のエンジンを回していきたい。そこで今後の宿泊需要(主に観光)の回復を予測してみた。未来予測など軽々にすべきものではないが、小欄の使命として曲がりなりにも示したい。

 掲載まで少しタイムラグがあるが、ひとまず執筆時点と同じ状況と仮定して、人数帯別の需要回復を見通してみる。それぞれ「早期型」と「慎重型」を想定した。当然ながら、団体需要はしばらく見込めない。まずは瞬発性の高い個人客、ファミリー客から徐々に回復という図式になる。ここで「ほぼ回復」とは、「ある程度の…」という意味だ。コロナ以前水準までの回復にはまだ時間がかかるだろう。なお図では、それぞれの「検討期間」を示した。旅行の実施を考える「リードタイム」である。これの始まりが、積極的に打って出るターニングポイントだ。

 なにしろ前例のないことなので、過去に参考とするものがない。流行の第2波が来るかもしれないし、人々の警戒心が緩むのに、思ったより時間がかかるかもしれない。しかし経営は毎日が勝負だ。それなりに予測を立て、動いていく必要がある。これをたたき台に旅館それぞれで補正を加え、「出口戦略」を練っていただくことを願う。

 (株式会社リョケン代表取締役社長)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram