【旅館はもっと良くなるべきだ 旅館経営 タテ・ヨコ・ナナメ 86】磨け!独自価値7 佐野洋一

  • 2018年12月7日

 (8)独自価値づくりの着眼点(続き)

 (ⅱ)機会

 「機会」とは、自社の周りに訪れる経営環境の変化と思ってよい。旅館さんで「機会」を挙げてもらうと、道路の開通とか、近くに新たなレジャー施設ができる、といったことがよく出てくる。これらも確かに機会に違いないが、独自価値作りという意味では材料となりにくい。では材料となりそうな「機会」にはどんなものがあるか?…大きく2種類ある。

 (イ)動向、変化、趨勢(すうせい)

 一つは、マーケットの状況や、そこで起きていること―動向、変化、趨勢といったものだ。

 島根県松江市・しんじ湖温泉の「なにわ一水」さんは、何期かにわたる商品整備の中で、グレードアップと併せて「バリアフリー化」を進めてきた。

 ベッドへの乗り移り、洗面、バスルーム、食事など、さまざまな面で車椅子の人にも使い勝手の良い部屋を造り、車椅子で利用しやすい食事会場、ユニバーサルトイレといったものも整備した。また筆談ボードや専用PHS、音声情報機器の配置、障がい者に対応した避難マニュアルの作成など、細かい面でも多岐にわたる取り組みを行っている。さらに勢いが高じて、車椅子リフト付きの送迎マイクロバスまで購入した。名刺やパンフレットには点字が入っている。

 こうした一連の取り組みが認められ、「バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰」で、「内閣府特命担当大臣表彰優良賞」を受賞している。この事実は同館のブランド価値にもなっている。そして大事なことだが、肝心の業績も順調に伸ばしている。「バリアフリー」という社会ニーズを「機会」と捉え、それをもって独自価値を築いた例である。

 「健康志向」が叫ばれてどれくらいたつだろうか。あまりに耳慣れてしまって、すでに新鮮さは失われている。しかしこのキーワードは、古く使いものにならないどころか、これからもますます存在意義を高めていくはずである。とすれば、例えば「健康」をキーとした展開で、これまであるものとは違う独自価値を築けないものだろうか。

 同様に、癒やし志向、キャリア女性の活躍、ママさん応援、少子高齢化、セブンポケット、アレルギー、食事制限、一人旅(特に男の一人旅)の増加、ペットブーム、ちょい飲みスタイル、グランピングに象徴されるぜいたくなアウトドア志向、モノの所有から「借りる」へ、シェアリング、アニメ…こうした、一見ありふれた社会の動向やニーズを「機会」として捉え、そこで「当館の独自価値路線」を考えていくのも方法である。

 また特に小規模の旅館では、書画、音楽、写真、俳句、囲碁・将棋、バイクなど、特定の趣味分野への特化で、その世界に関心ある人たちにとって「他に代えがたい強力な価値」を持つことも考えられる。ネットの時代は、以前とは比べものにならないほど、それらへのアピールとアプローチを可能ならしめているのだ。

 独自価値は必ずしも日本一である必要はない。自社市場圏の中で一番が確保できれば上等なのである。平山旅館さんの「島茶漬け」などはそもそも「オンリーワン」であって、一番かどうかなど、比べること自体がナンセンスなのだ。

 (株式会社リョケン代表取締役社長)


      

関連する記事

NHKの大河ドラマ「いだてん」がスタート、いよいよ東京オリンピックのムードを高めようとする矢先、スポーツ界に衝撃が走った。招致を巡る贈賄疑惑で、フランス司法当局が日本オリ…

続きを読む

丹沢山地を望む酒匂川流域の里 薪を背負い歩きながら読書する二宮金次郎(尊徳)像は昭和初期から全国の学校に設置された。家事を手伝い勉学に励む姿は手本だったが、像は太平洋戦争…

続きを読む

おもてなしに定評のある老舗旅館に母と2人で宿泊した。宿泊料金は1泊2食3万5千円程度。大型観光旅館でありながら随所に季節の花が生けられ、館内には安らぎの空気が漂っていた。…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube