【旅行会社トップの年頭所感】新領域へ果敢に挑戦 KNT-CTホールディングス社長 米田昭正

  • 2023年1月17日

米田社長

 謹んで新春のごあいさつを申し上げます。

 3年続いた新型コロナウイルスの感染拡大は当社グループにとっても創立以来の最大の試練となりました。いまだ終息に至ってはいませんが、ワクチン接種や経口薬の承認等により、ウィズコロナを前提とした経済活動の正常化が進展しています。一方、ウクライナ情勢による地政学的リスクの高まりなどによる燃料価格の高騰や急激な円安に伴う物価上昇の影響により、個人消費の回復は力強さを欠き、国内の経済はいまだ不透明な厳しい状況が続いております。

 当社の旅行事業におきましても、海外旅行の復調はいまだ緩やかなものの、水際対策の緩和や円安により訪日旅行が本格的な回復の兆しを見せ、観光立国の復活に向けて大阪・関西万博が開催される2025年には2019年水準の回復が期待されています。また、全国旅行支援による国内旅行の機運の高まりは、いまも堅調に続いております。そして旅行外事業においては、ワクチン接種やPCR検査、観光関連事務局運営など、行政や企業の皆さまの支援を行うBPO事業の広がりにより、旅行事業の落ち込みを補完するだけでなく新たな知見や実績を得るところとなり、グループ経営におけるレジリエンス強化の側面からも貴重な財産となりました。

 このような中、2023年もSDGsの課題解決に向けた意識の高まりにお応えできる商品やサービスの開発とともに、当社としてもサステナビリティの追求を加速させ、DX化を推進するとともに新領域へ果敢に挑戦し、旅行やその周辺事業を通じて社会に貢献する企業として未来に向けまい進してまいります。

 そのために、事業構造改革により経営課題の解決を図るとともに、成長戦略の柱となる「地域共創事業」「訪日インバウンド事業」「BPO事業」を拡大し、あわせて「昆虫スナック」「わいん旅」「PTA業務アウトソーシング」といった、5年後、10年後を見据えた新たな事業の開発に取り組む未来創造プロジェクトにも注力してまいります。

 本年も、すべてのお客さまの「旅したい」という思いに社員一同でお応えし、あわせて、安全安心な旅をご提供することを第一に観光産業の復活とさらなる発展に貢献してまいります。

 新しい1年も変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram