【新年あいさつ】観光技術のプラットフォーム 国際観光施設協会会長 鈴木裕

  • 2019年1月6日

 IT技術の普及により世界のトップビジネスは、価値を生み出し消費者に売るという直線的なサプライチェーン型から、生産者と消費者をコネクトするプラットフォーム型へと激変しています。

 さて、当協会は「国際観光振興に技術で貢献する公益社団法人」であり、活性化するためにCSV活動を推進しています。Creating Shared Value、つまり観光に関する技術で会員のメリットになるものを取り上げ、会員と共に研究開発していく活動です。従来から行っている協会の専門的見地から、選択した新しい施設や設備の研究視察会・講演会や小さなエネルギーで美しい生活を実現する「エコ・小活動」、日本の木材活用による循環再生社会を目指す「木づかい活動」に加え、宿泊施設の生産性を上げるための「AIと観光施設活動」、真に快適で無駄のないバリアフリー客室を研究する「新UD客室研究」、日本の水資源の重要性を再認識し持続可能な水環境を探る「河と水辺の研究」、観光施設の耐震改修を廉価に実現させる「観光施設のための耐震研究」、新しい観光施設の方向を探る「トレンド探偵団」などの新しい活動を行っています。

 これらの活動は会員と協会によるCSV活動の枠を超えて広く社会の共感を獲得しつつあり、参加する人々も増えてきています。こうした内外の反響を考えると、当協会は「観光技術のプラットフォーム」と言っても良いのではと思い始めています。フェイスブックのような交換型ではなく、むしろツイッターのような価値を生産して提供、共有するメーカー型プラットフォームだと思います。

 今年は、JTFA(公益社団法人国際観光施設協会)という「観光技術のプラットフォーム」に世界の人々が参加して活動しているというリアリティのある初夢です。

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram