【岐路 バスと観光 新たな関係 75】高速バスと観光13 成定竜一

  • 2018年1月11日

 最終的に商品ラインアップに加えないといけないのが、都市から観光地への2地点間輸送でありながらも、行程の途中で観光地に立ち寄り、下車観光の時間を確保するような「(移動としての)高速バス」と「(旅行としての)バスツアー」のちょうど中間に当たる商品である。

 重要なポイントは、往復の行程も宿泊も同一行動し、出発地点に皆で戻ってくる従来の(発地型の)バスツアーと異なり、片道のみの乗車を認める点である。

 これによって、例えば「往路は通常の高速バスで直行し、早めに宿に入ってくつろぎ、復路は『お任せ』で観光を楽しみながら帰ってくる」というように、旅行者自身のペースで行程を組むことができるようになる。

 毎日運行が原則の高速バスに立ち寄り観光を組み込もうとすると、どうしても総花的に有名観光地を巡ることになり、従来のバスツアーと同じになってしまうリスクがあるので、季節や曜日によって立ち寄り地点を変える、という工夫が必要かもしれない。

 2017年12月、バス事業者系旅行会社である神姫バスツアーズが新商品を発表した。大阪・京都~高山~富士山~東京を結ぶ募集型企画旅行で、貸し切りバスが同区間を毎日1往復する。郡上八幡など途中の観光地では下車観光の時間を確保し、高山では宿泊施設に横付けする。現地の路線バスのフリー乗車券などをセット購入することもできる。

 旅行者は、行程上の停車地のどこで途中下車してもよく、興味のある観光地で降り(必要に応じて路線バスなどに乗り換えてもう1歩足を伸ばし)、宿泊、滞在して翌日以降の便に乗り込んで次の地点へ移動することができる。大阪~東京の片道のほか、大阪と東京それぞれから高山を往復し元の地点に戻るコースも販売される。

 この商品は、FITにターゲットを絞った募集型企画旅行ではあるが、「移動」と「観光」を兼ね、自分のペースで旅程を組めるという点が注目される。

 (高速バスマーケティング研究所代表)

関連する記事

これまで、短・中距離の高速バス路線においては、「ウェブや電話であらかじめ予約→発券(運賃の支払い)は当日、乗車直前に」という使い方が一般的であった。発券(支払い)していな…

続きを読む

前号では山の日から始まる夏のピーク日の需要動向について述べたが、今号ではそれ以外の夏に関わる施策について考えてみたいと思う。 8月11~18日の夏の代表的な部分について…

続きを読む

4月29日、筆者は長野県伊那谷の長谷中尾地区にある中尾座で催された「中尾歌舞伎春季定期公演」を楽しんだ。250年前に旅芸人により伝えられたという歌舞伎は、地元の住民が習い…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会