【口福のおすそわけ 430】蟹かにワールド! その16 丸ガニ 竹内美樹

  • 2022年9月28日

竹内氏

 蟹(かに)好きの筆者、このシリーズでたくさんの蟹について書いてきた。兵庫県が誇る「津居山蟹」に始まり、越前、加能、若松葉、竹崎など、国内各地のブランド蟹。種類もさまざま。花咲蟹、アブラガニ、タラバガニ、毛蟹、黄金蟹、ドウマンガニ、親ガニ(セイコガニ)、高足蟹、ワタリガニ(ガザミ)など。さらに、海外遠征も。中国の上海蟹、シアトルのダンジネス・クラブ、バンコクのマッドクラブとブルークラブ、サンタバーバラで食したストーン・クラブ、フィッシャーマンズ・ワーフのダンジネス・クラブ。

 そして、蟹料理についても書かせていただいた。シンガポールのチリクラブやペッパークラブ、クラブ・ビーフン。ベトナムの屋台のような店のソフトシェルクラブの唐揚げや、マングローブ蟹のグリルなどなど。

 その後、コロナ禍で出かけられなかったこともあり、今まで食べたことのない蟹や蟹料理に出会う機会に恵まれずにいた。ところが…である。先日、新たな出会いが! しかも、自宅から車で15分程度の近隣だ。

 今春開業した大型商業施設「カメイドクロック」の地下に、鮮魚専門店「本庄鮮魚」がある。丸のままの魚がずらりと並んだ対面コーナーでは、刺身や焼魚など、用途に応じて魚をおろしてくれる。パック詰めされた商品も山ほどあって、アレコレ迷ってしまう。

 そこで発見したのが、甲幅10センチもないくらいの小さな蟹。名前は「丸ガニ」。何と、1パック6杯入りで300円ちょっとと格安だ。でも、どうやって食べるんだろう? 安いってことはあんまりおいしくないのかな? 考えていると、同店のスタッフが「その蟹、ウマイよぉ~!」と。これはもう、連れて帰るしかない。

 さて、まずは調理法をググらねば。さっきのお兄さんに聞けば良かったと後悔しつつ丸ガニを検索。正式名称は「ヒラツメガニ」で、ワタリガニの一種と判明。身はそれほど入っていないが、蟹ミソが美味という。また、10~11月、2~4月の産卵期には、メスは内子も抱えているようだ。

 上海蟹のように蒸そうと考えていたが、塩ゆでの方が身に甘みが出るとあったので、ゆでることに。ミソが流出しないよう、甲羅を下にして鍋に並べ、塩水を入れて火にかけ、沸騰してからさらに12~15分ほどゆでたら、ひっくり返して甲羅を上にして冷ます。甲羅が下になったままだと、中に水がたまってしまい、せっかくの蟹ミソが台なしになってしまうのだそう。

 あとは食べるのみ。甲羅を外すと、蟹ミソがあふれそう。エラにあたるガニを取り除いたら、胴体を半分に割ってそのままチュパチュパ! う~ん、超美味♪ まだ産卵期とは言えないが、内子の入ったメスもあった。ホクホクでたまらん! これからの季節が楽しみだ。殻が軟らかいので唐揚げも美味らしい。トマトクリーム味のパスタにしても良さそうだ。

 こんなに安くて激ウマの蟹がいたなんて! 恐るべし、「蟹かにワールド」の奥深さ。次はどんな蟹に出会えるか?

 ※宿泊料飲施設ジャーナリスト。数多くの取材経験を生かし、旅館・ホテル、レストランのプロデュースやメニュー開発、ホスピタリティ研修なども手掛ける。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram