【全旅クーポンって何?】受入れ施設側のメリット

  • 2021年10月3日

 誕生してから40年超、受け入れ施設には「安心して取引できるクーポン」として、送客会員(旅行事業者)には「より付加価値の高いクーポン」として、加盟各社の業務を下支えし、信頼と実績を積み重ねている全旅クーポン。今回は、約1万1千軒を誇る登録受け入れ施設の立場から、同クーポンの仕組みや導入のメリットなどを紹介する。

旅行事業者2800社と取引が可能に

 中小の旅行事業者は、全国旅行業協会(ANTA)会員だけでも全国に約5500社存在し、半数を超える2800社が全旅クーポンを利用している。受け入れ施設にとってこれら1社、1社契約していくのは困難だが、全旅クーポン会に加盟すると、同クーポンを使って送客できる施設リストに掲載され、取引できる旅行事業者が一気に増えることになる。
また、無料、有料含め、随時旅行事業者へ情報を発信する方法も用意され、タイミングや予算、訴求内容によって複数の方法から選択できる。
 

2パターンから登録 業務の負担軽減を

 全旅クーポン会へは、「加盟」「未加盟」の2パターンから登録方法を選択できる。「加盟」を選ぶと、旅行事業者の利用代金は100%同社(全旅)が保証する。実務においては、債権管理が不要になる、請求処理なしで期日に自動入金されるなどのメリットを享受できるため、通常業務の負担が大きく軽減され、生産性向上につながる。

 「未加盟」登録にも、「加盟」登録の場合に発生する登録料と年会費が不要、というメリットがある。各施設の営業形態に合わせていずれかを選べる。

 受け入れ施設の対象は、旅館・ホテルなどの宿泊施設をはじめ、レストラン、レジャー施設、バス会社、フェリー、レンタカー、ホールセラーなど多岐にわたる。

 詳細は同社問い合わせフォームhttps://www.zenryo.co.jp/contact/、TEL03(6264)3132。

 

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram