【企業紹介特集】ATPふきとり検査 キッコーマンバイオケミファ

  • 2018年1月14日

衛生管理の見える化に

 バイオ技術を生かした各種検査キット、化成品などの販売を手掛けるキッコーマンバイオケミファは、現場で簡単に洗浄度を測定できる小型検査器「ルミテスターPD―30」と検査試薬「ルシパックA3」を販売している。

 衛生管理の基本は5S(整理、整頓、清潔、清掃、習慣)といわれており、義務化が近いHACCPの基本でもある。5Sのうち、厨房での汚染事故防止には、「清潔」「清掃」が特に重要で、従業員の感覚に頼らず、「見える化」することが必要。そんな見える化を実現するのが同商品だ。

 汚れに含まれるATPを指標として、正しく洗浄・殺菌が行われているかを数値で把握(洗浄度検査)することができ、数値が高ければ微生物増殖の原因となる食品残渣などの汚れが残っていると判断できる。食品製造に関わる事故の多くは、二次汚染事故であるといわれており、このような事故を防ぐために、非常に重要な検査だ。

 検査方法は大変簡便で、綿棒で検査箇所を拭き取り、試薬が入ったホルダーに綿棒を戻して反応させ、そのままハンディタイプの機械(ルミテスター)で測定をするという方法。測定時間は、わずか30秒で、専門知識を持ち合わせていない現場従業員でも簡単に行える。

 HACCP義務化への対応だけでなく、日々の衛生管理の見える化に、欠かせない商品だといえる。

 同社は「これまで飲食店を中心に導入を進めていたが、今後旅館・ホテルへの導入も進めていきたい」としており、2月のホテレスショーへの出展を予定している。

http://biochemifa.kikkoman.co.jp/


関連キーワード

関連する記事

観光経済新聞社は、第32回にっぽんの温泉100選・人気温泉旅館ホテル250選の投票受付を7月1日から始めました。

続きを読む

東京YMCA国際ホテル専門学校は、今年で創立83年を迎えた日本初のホテル専門学校だ。卒業生は総支配人からサービススタッフ、また旅館の後継者、経営者まで、あらゆる立場で活躍…

続きを読む

城西国際大学観光学部の開設は2006年。鴨川・小湊温泉などがある千葉県有数の観光地である鴨川市の安房キャンパスを拠点に、約300人の学生が学んでいる。 学生の約4割が外…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

長澤まさみさん「Meet Colors! Taiwan」CM発表会