【人事】ヒルトン東京の新総支配人にロジャー・ブランツマ氏

  • 2020年2月23日

 ヒルトン東京の新総支配人に14日、ロジャー・ブランツマ氏が就任した。

ヒルトン東京 新総支配人 ロジャー・ブランツマ ヒルトン東京 新総支配人 ロジャー・ブランツマ 

  ヒルトン東京(新宿区)の総支配人に、2月10日付でロジャー・ブランツマ(Roger Brantsma)が就任しました。

ホスピタリティ業界において20年以上の経験を有するブランツマのキャリアは料理飲料部よりスタートし、2011年にヒルトン・チェンナイ(インド)で初めて総支配人を務めるまでの期間、ヒルトン・シャークベイ・リゾート(エジプト)、ヒルトン・プーケット・リゾート&スパ(タイ)、ヒルトン・シドニー(オーストラリア)で副総支配人 運営担当として経験をつみました。

その後2015年にヒルトン・オークランド、ヒルトン・レイクタウポ(ニュージーランド)の2つのホテルを兼務する総支配人を務めたブランツマは、その実績を認められ、2016年にシドニー(オーストラリア)で開催されたHMアワード「ニュージーランドゼネラルマネージャー・オブ・ザ・イヤー」を受賞、2017年1月より東京ディズニーリゾート®・オフィシャルホテル、ヒルトン東京ベイ(千葉県浦安市舞浜)の総支配人を約3年間務めました。

ブランツマは今後総支配人として、客室数825室、6つのレストラン&バー、21の宴会場を有するヒルトン東京の運営を統括する事となります。着任にあたり「国内初の外資系ホテルであり、日本における旗艦ホテルであるヒルトン東京の総支配人を任される事になり大変光栄に思っています。ホテルの更なる躍進に向け、今後も努力を続けてまいります」と話しています。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram