【人事】スイスホテル南海大阪の総支配人にシェーン・エドワーズ氏

  • 2022年4月28日

 スイスホテル南海大阪の総支配人に1日、シェーン・エドワーズ氏が就任した。

スイスにルーツを持つスイスホテル南海大阪(所在地:大阪市中央区)は、2022年4月1日(金)付けで、シェーン・エドワーズ(Shane Edwards)が総支配人に就任したことをお知らせいたします。エドワーズは、世界をリードするオーグメンテッド ホスピタリティ グループであるアコーに15年以上在籍し、その後、同グループのプレミアムブランドの一つであるスイスホテル南海大阪の総支配人として就任いたしました。

ニュージーランド出身のシェーン・エドワーズは、料飲部門にてホテルキャリアをスタートさせた後、2007年にノボテル メルボルン セント キルダ ホテル(Novotel Melbourne St Kilda)のホテル支配人として任命されました。ノボテル メルボルン セント キルダ ホテルを退職後は、オーストラリアとニュージーランドの様々なアコーのホテルに勤務し、経験を積んで参りました。<マウントロフティ ハウス Mギャラリー(Mount Lofty House – MGallery) 総支配人、メルキュール ホテル ハーバーサイド ケアンズ(Mercure Cairns Harbourside) 総支配人、ニュージーランド メルキュールブランド (Grand Mercure/Mercure Brand New Zealand) 統括総支配人>

2016年、メルキュール ダナン フレンチ ビレッジ バナ ヒルズ(Mercure Denang Bana Hills French Village)プレオープン総支配人に就任し、アジアでのキャリアをスタートした後、2017年にフィリピンのジョイノスタルグホテル&スイート マニラ バイ アコー(Joy Nostalg Hotel & Suites Manila-Managed by Accor Hotels)の総支配人として就任。

スイスホテル南海大阪に入社する以前は、インドネシア・ジャカルタ最大のテーマパークであるアンコール・ドリームランド内にある合計438室と22ファンクションスペースがあるメルキュール コンベンション センター アンコール ジャカルタ (Mercure Convention Center Ancol Jakarta)とグレーター ウエスタン ジャカルタ(Greater Western Jakarta Indonesia)のエリア総支配人を務めました。

この度の就任にあたり、エドワーズは、「大阪を本拠地とすることになり、家族ともども大変うれしく、また身の引き締まる思いです。この2年間は、私たちの業界にとっても厳しいものでしたが、そのようなチャレンジにはチャンスがあり、日本を含む世界が浮上し始めた今、この業界の一員であることを光栄に思います。伝統に培われた日本は、多くの国外のお客様にとって、今後数年のうちに訪れるべき国の筆頭に挙げられています。大阪と周辺地域が、国内外から選ばれるデスティネーションとして再浮上することを、チームとともに期待しています。」と述べています。

スイスホテル南海大阪では、新総支配人 シェーン・エドワーズとともに
今後もお客様に快適にお過ごしいただける空間をチームとともに提供いたします。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram