【下呂温泉特集】日本三名泉 飛騨路 下呂温泉

  • 2018年5月28日

 下呂温泉は、草津温泉、有馬温泉と並んで「日本三名泉」に数えられる日本を代表する温泉地のひとつ。温泉街は60軒ほどのホテル、旅館などからなり、年間100万人の宿泊客がある。温泉の由来は、一千年の昔、薬師如来が傷ついた一羽の白鷺に姿を変え、飛騨川で傷を癒し、源泉のありかを村人に知らせたと伝えられている。江戸時代の儒学者林羅山が、下呂温泉を草津、有馬とともに「天下の三名泉」と紹介したことで、現在、日本三名泉、と呼ばれており、1996年の旅フェア会場で正式に調印式も行われている。2017年2月23日には、下呂温泉観光協会と台湾の台中市温泉観光協会が温泉地友好提携を締結。同年9月8日には、1997年から友好提携をしている韓国・儒城観光振興協議会も交えたアジア3地域による友好提携を締結。今後、日台韓の温泉地で連携し「アジア三名泉」を目指す。一昨年からは注目を集める日本版DMOに登録されている下呂市DMOの事業もスタート。オフラインアプリ配信やスイーツ開発が行われた。今年は4月6日に下呂市エコツーリズム推進協議会の策定した全体構想がエコツーリズム推進法に基づき、主務大臣(環境大臣、国土交通大臣、文部科学大臣、農林水産大臣)から認定を受けた。温泉を中心とした地域として初めての認定だ。

 下呂温泉の泉温は最高84度の高温で湧く温泉。泉質はアルカリ性単純温泉。無色透明のまろやかなお湯で、肌がすべすべになる。

 下呂温泉は交通至便。JRでもバスでも自動車でも。

 下呂に泊まって、白川郷、北陸方面、馬籠・妻籠など観光ルートの選択肢は多彩だ。


関連キーワード

関連する記事

ホテル・旅館の集客や人材不足にお悩みなら、まずはお気軽にご相談下さい。NBSホテルマネジメント NBSホテルマネジメント株式会社|ホテル・旅館の運営コンサルティング &nb…

続きを読む

AIが返信文をサポート かんざし(東京都千代田区、林垣恵太社長)は、宿泊プラン一括管理サービス「かんざしクラウド」をはじめとした「かんざしシリーズ」を旅館・ホテル向けに提…

続きを読む

新しい時代、変わらない風景。泉質主義 草津温泉 新しい時代、変わらない風景。泉質主義 草津温泉

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube