【データ】9月1日正午から再開される「もっとTokyo」に対する意識調査

  • 2022年8月30日

 アッタは25日、9月1日正午から再開される「もっとTokyo」に対する意識調査の結果を発表した。

ビッグデータとAIを使った旅行検索&予約サービスを展開するトラベルテックスタートアップ、株式会社atta(アッタ、本社:東京都港区、代表取締役社長:春山佳久、https://atta.ai/)は、2022年9月1日正午から再開される東京都民を対象とした旅行割引キャンペーン「もっとTokyo」に対する意識調査を2022年8月23日から24日にかけて実施しました。
  •  調査結果サマリー

◇ 「もっとTokyo」をご利用して宿泊予約を検討している方は全体の21.0%、検討していない方は32.8%、まだわからない/キャンペーンを知らないと回答した方が46.2%だった。

「もっとTokyo」をご利用して宿泊検討する方とまだわからないと回答した方に対して、
◇ 利用する時期はまだ決めていないという回答が77.2%で多かった。すでに決めている方は9月後半に宿泊検討している方が多く、シルバーウィーク後半の9月21日〜25日という回答が7.4%、9月26日〜30日が4.7%、シルバーウィーク前半の9月16日〜20日が4.0%だった。
◇ 宿泊エリアに関しては、まだ決めていないという回答が40.6%で多かった。すでに決めている方は観光エリアのお台場・汐留・新橋・品川エリアが11.8%、銀座・日本橋・東京駅周辺エリアが8.0%、上野・浅草・両国エリアが6.0%と多く、自然豊かな青梅、奥多摩エリアが5.5%と続いた。
◇ ご利用する宿泊料金の予算に関しては、まだ決めていないという回答が40.4%と多かった。すでに決めている方は少ない予算でのご宿泊予約を検討している人が多く、6,000円から10,000円未満が18.3%、10,000円から15,000円未満が14.4%、15,000円から20,000円未満が9.8%だった。
◇ ご利用する目的に関しては、家族と過ごすという回答が23.7%と多かった。次に、まだ決めていないが16.6%、リラックス/のんびりするが15.8%、友人やパートナーと過ごすが14.4%、温泉でゆっくりするが10.3%だった。ワーケーションでのご利用は0.4%と少なかった。

  • 調査概要

■調査内容:2022年9月1日から再開される「もっとTokyo」の意識調査
■調査主体:株式会社atta
■調査方法:スマートフォンリサーチ
■調査対象者 :東京都在住の20~59歳
■有効回答数 :424名(20代、30代、40代、50代の男性、女性それぞれ53名ずつ)
■調査時期:2022年8月23 ~ 24日

  • 調査結果

 

「もっとTokyo」で宿泊予約をすることを検討していますか?「もっとTokyo」で宿泊予約をすることを検討していますか?

 

「もっとTokyo」で、いつ頃のチェックインで宿泊を検討されていますか?「もっとTokyo」で、いつ頃のチェックインで宿泊を検討されていますか?

 

 

「もっとTokyo」で.宿泊を検討されている地域はどこですか?「もっとTokyo」で.宿泊を検討されている地域はどこですか?

「もっとTokyo」でどの程度の予算で宿泊を検討されていますか?「もっとTokyo」でどの程度の予算で宿泊を検討されていますか?

「もっとTokyo」でどのような目的で宿泊予約を検討していますか?「もっとTokyo」でどのような目的で宿泊予約を検討していますか?

 

  • 「もっとTokyo」とは

東京都民の方が都内を旅行する商品が対象です。ワクチン接種歴(3回以上)又はPCR検査等での陰性が確認できた方に対して、2022年9月1日正午以降~順次開始し、2022年9月1日~2022年9月30日までに完了する旅行商品を取扱事業者で予約した場合に、宿泊旅行は1泊5,000円、日帰り旅行は1回2,500円の定額の助成をします。
※1回の旅行の宿泊上限は1人5泊です。※利用回数に制限はありません。助成対象の宿泊数は限りがあります。
詳しくはhttps://motto-tokyo.jp/


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram