【データ】2022年子供と挑戦したいものづくり&アウトドア体験調査 アソビュー調べ

  • 2022年1月22日

 アソビューは14日、2022年子供と挑戦したいものづくり&アウトドア体験調査の結果を発表した。

「生きるに、遊びを。」をミッションとし、「遊び」が衣食住に並ぶ人生を彩る豊かなものとして、Well-Beingな社会の実現を目指すアソビュー株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役CEO:山野 智久、以下、当社)は、2022年最初の全国調査として、今年やりたい「ものづくり体験」と「アウトドア体験」を調査しました。
その中でも、”子供と一緒にやりたい” と回答した、ものづくり体験(n=2,343)とアウトドアアクティビティ(n=2,410)を集計し、ランキングを策定しました。
2022年、子供とやりたい「ものづくり体験」ランキング

第1位  陶芸

全体のうち31.19%、3割以上の人が「陶芸」を選ぶ結果となりました。
つくれるものが自由なほか、小さな子供でも一緒に楽しむことができ、大きくなってからも難易度の高いものに挑戦していけるという柔軟さも魅力の「陶芸」は、子供の年齢別に見ると、9歳と11歳を除く全ての年齢で1位となっています。
https://www.asoview.com/leisure/#17

第2位  ガラス工芸

全体のうち28.94%が「ガラス工芸」と回答し、全体の順位では2位となりました。
「陶芸」同様に子供の年齢に関わらず人気で、全年齢の1位と2位を「陶芸」と「ガラス工芸」が占めています。「ガラス工芸」では、普段なかなか目にすることのない窯での作業を体験でき、日常で使えるグラスなどをつくることができます。好きな色の模様をつけられる工房もあり、世界に一つだけの自分のガラス作品を作ることができます。
https://www.asoview.com/leisure/#87

第3位  伝統工芸品

「伝統工芸品」が14.26%で3位にとなりました。
その地に根付く技術や文化である「伝統工芸品」を選んだ回答には、「体験を通して子供にもその地の歴史や文化に触れてほしい」「伝統工芸の技術を学んでほしい」といった子供の経験を重要視する声が多く集まりました。
https://www.asoview.com/leisure/#94

第4位  ボタニカルキャンドル、アロマワックスバーなど (6.94%)
第5位  アロマオイル (6.57%)
第6位 レザークラフト (6.47%)
第7位  フラワーアレンジメント (5.96%)

対象の体験を選んだ理由としては、 

・やったことがないことで興味があったから(67.82%)
・子供が好きそう、子供に経験させたいものだから(17.50%)
・以前やったことがあって、おすすめしたかったから(11.40%)
・つくれるものが今欲しかったから(7.79%)
・テレビやネット、SNSで見て気になっていたから(5.86%)

の順で多い結果となっています。「子供にいろんな経験をしてほしい」「子供と初めての体験を一緒にしたい」という視点で遊びを選んでいる親が多いようです。
他には、DIYや木工などの回答がありました。

どんなシーンで、子供と一緒に「ものづくり体験」をしたいか? 

第1位  家族とのお出かけで、一緒に体験をしたい (53.47%)
第2位  記念にモノを残したい (21.67%)
第3位  お互いに初めての体験をしてみたい (15.29%)
第4位  天気の悪い日のお出かけに (5.11%)
第5位  お揃いのものを作りたい (3.75%)

一緒にものづくり体験をしたいシーンとしては、半分以上の人が「子供と一緒に作業をしたい」と回答しており、子供と一緒に何かをする時間を大切に考えており、そんな時間の過ごし方として「ものづくり体験」という選択肢があることが分かります。また、ものづくり体験ならではの「記念にモノが残せる」というところも大きな魅力の一つと言えます。

2022年、子供とやりたい「アウトドア体験」ランキング

第1位  乗馬

全体のうち、21.97%が「乗馬」と回答しました。
大自然の中で子供と一緒にゆったりと非日常を体験できる「乗馬」は、子供の年齢別にみると8歳までのすべての年齢で1位となっています。
https://www.asoview.com/leisure/#29

第2位  空中アスレチック

「空中アスレチック」が16.02%で2位という結果となりました。
自然と触れ合いながら身体を動かすことができ、子供の冒険心をくすぐる空中アスレチックは、子供が9歳以上になると「乗馬」と1位が逆転する結果となっています。
https://www.asoview.com/leisure/#26

第3位  登山、エコツアー

15.80%が「登山、エコツアー」を選ぶ結果となりました。
こちらも子供の年齢が10歳以上になるとさらに人気を集めており、10歳以上では「空中アスレチック」と並んで全年齢においてどちらかが1位と2位にランクインしています。
https://www.asoview.com/leisure/#34

第4位  ダイビング、シュノーケリング    (11.28%)
第5位  カヌー、カヤック (10.62%)
第6位  ラフティング (9.01%)
第7位  SUP (5.40%)

対象の体験を選んだ理由としては、

・やったことがないことで興味があったから(43.62%)
・以前やったことがあって、おすすめしたかったから(24.53%)
・今しかできない体験をやっておきたいから(14.77%)
・テレビやネット、SNSで見て気になっていたから(13.51%)
・子供が好きそう、子供に経験させたいものだから(11.59%)

の順で多い結果となっています。ものづくり体験同様、「子供と初めての体験を一緒にしたい」という視点が一番多かったほか、「以前やったことがあり、今度は子供と一緒に体験したい」という声も多く集まっています。
他には、キャンプ・釣り・スキーなどの回答がありました。

どんなシーンで、子供と一緒に「アウトドアアクティビティ」をしたいか? 

 

第1位  旅行先でのメインコンテンツとして (31.66%)
第2位  家族とのお出かけで、一緒に体験をしたい (29.32%)
第3位  旅行先でのサブコンテンツとして (25.89%)
第4位  その季節にぴったりの体験をしたい (9.15%)
第5位  記念にやっておきたい (7.04%)

8割以上の人が旅行やお出かけのメイン、またはサブのコンテンツとして「アウトドアアクティビティ」をしたいと回答しています。貴重な体験ができる、非日常を体験できる「アウトドアアクティビティ」は、旅行やお出かけを計画する際の重要な要素となっています。また、自然と触れ合えることも特徴の一つであるため、季節を感じられる遊びとしても選ばれています。

■調査概要
調査期間:2022年1月12日〜1月13日
調査対象:アソビュー!会員
調査人数:ものづくり体験 2,343名 / アウトドアアクティビティ 2,410名
調査方法:インターネット調査


関連キーワード
     
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram