【データ】2018年度 都道府県観光予算アンケート調査(北海道・東北)

  • 2018年6月13日

2018年度当初予算 観光予算額の状況

 
 観光経済新聞社はこのほど、47都道府県の観光担当部課を対象に、観光予算額などについてアンケート調査を実施した。順次、回答結果を紹介していくが、今回は北海道、東北、北陸信越、中部の各地方ブロックの16道県の結果を掲載する。2018年度当初予算の観光予算額では、16道県のうち10道県が前年度額を上回ったことが分かった。

 18年度当初予算の観光予算額は、各自治体の観光担当部課に計上した予算額について回答を求めた結果。国の補助金などを充てた事業の予算額は含めたが、職員給与費は除外して回答してもらった。

 自治体によって、観光担当部課に計上する事業の性格に違いがあるほか、観光担当部課以外に観光に関係する予算が計上されている場合がある。補正予算の対応などを考慮する必要もあり、都道府県間の単純比較、前年度との単純比較などには注意が必要だ。

 今回掲載した16道県の観光予算に関する留意事項では、石川県が知事選の関係で18年度当初予算を骨格予算として編成した。18年度組織改正として、新潟県は産業労働観光部観光局の交流企画課、観光振興課を改組し、「観光企画課」と「国際観光推進課」を設置。山形県は観光立県推進課に「美食・美酒ツーリズム推進室」を新設した。

 自治体別の各表のうち「金額上位」の項目は、観光予算額の中で金額の大きい上位三つの事業についての回答結果。主要事業のうち、「訪日誘客」の項目は「インバウンド(訪日外国人旅行者)誘客促進に関する主要事業」▽「国内誘客」の項目は「国内(日本人旅行者)誘客促進に関する主要事業」▽「資源・受入」の項目は「観光資源発掘・磨き上げ・受け入れ態勢整備に関する主要事業」▽「産業等」の項目は「観光産業の振興、人材育成、DMO推進に関する主要事業」―について聞いた。「誘客重点市場・エリア」は、インバウンド(訪日外国人旅行)、国内(日本人旅行)について設定がある場合に回答してもらった。「旅行業等の登録」は、18年4月1日時点の状況を聞いた。

OK0430018060900601.pdf


関連キーワード

関連する記事

観光庁、スポーツ庁、文化庁が連携し、スポーツや文化、芸術の融合によって観光を活性化させた事例を表彰する「スポーツ文化ツーリズムアワード2018」の受賞団体・取り組み5件が…

続きを読む

観光庁は12月21日、日本版DMOの登録制度で、第4弾の本登録として16法人を追加登録した。追加登録の法人は次の通り(カッコ内は対象区域)。 【地域連携DMO】NPO産…

続きを読む

北海道倶知安町は昨年12月の町議会で宿泊税条例案を可決した。町内の宿泊施設の宿泊客から宿泊料金の2%を徴収し、増加する観光客の受け入れ環境の整備など観光振興の財源に充てる…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube