【データ】訪日外国人に飲んでほしい酒は日本酒とビール~酒文化研究所調べ 

  • 2017年12月6日

 酒文化研究所は、酒好きを対象に訪日外国人にすすめたい酒、酒場に関するアンケート調査を行い、結果を発表した。

 東京オリンピックやラグビーW杯に向けて訪日観光客は年々増えて、今年は2500万人を超えます。そんな彼らに来日した際にどんなお酒を奨めたいかを今回は尋ねてみました。日本酒など伝統的なものを奨めるのはどなたも同様でしたが、相対的に若い世代は最近の流行の酒を奨めるという傾向もみられました。(回答者は酒文化研究所のモニターで「ほとんど毎日酒を飲む」という方が7割です)

  日本酒は冷・燗両方で体験してほしい

 まず訪日外国人に飲んでほしいお酒は?と聞いてみました。最も多かったのは「日本酒(冷酒)」86%、続いて「日本酒(燗酒)」64%、「日本のビール」43%までがベスト3でした。日本酒の場合には、冷温それぞれの飲み方で体験してほしいと考えている人が多いようです。また半数近くの人は日本のビールも経験してほしいと考えています。(図①)。

  若い世代からはウイスキーや日本ワインも

 続いては「本格焼酎」38%、「高級日本ウイスキー(『山崎等』)」37%、「日本ワイン」35%「日本のクラフトビール」35%、「にごり酒等」31%と続き、「梅酒」「本格焼酎お湯割り」「日本のスタンダードウイスキー」が21%で、ここまでが2割を超えました。
この中で支持者の年代層に特徴があるのは「ウイスキー」「クラフトビール」「日本ワイン」「梅酒」関連で、50代以下の人の薦める比率がそれ以上の年代の方よりも顕著に高くなります。

  日本独自でおいしいというのがお薦めのポイント

 飲んでほしいと思う理由は「日本独自のものだから」69%、「とてもおいしいから」54%、「高品質だから」43%、「日本の食事に合うから」34%、「外国にはないと思うから」30%の順でした)。日本の独自性があったうえで飲んでおいしいというものが大多数の薦める理由となっています(図②。

  お奨め酒場は居酒屋、若い世代は本格バーも

 外国人に薦める酒場としては、「伝統的な有名居酒屋」56%「有名な大衆居酒屋」55%と並んで「立ち飲み店」46%が3位に入りました。居酒屋は是非経験してほしいところですが、施設によっては慣れも必要で、座敷の場合には掘りごたつに限ると注釈をつけてきた方もいます。お奨めの酒とも関連がありますが、50歳以下に限定すると「本格的なバー」を奨める人も20%を超えました(図③)。

■調査概要
調査時期:2017年11月6日~11月9日
調査対象:弊社の酒好きモニター(N=1682)
有効回答:117(回答率7%)
調査方法:インターネット自記入式アンケート調査

関連する記事

マイナビは、無料「インバウドビジネスセミナー」を3日間開催する。 株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が運営するインバウンド事業部では、来る…

続きを読む

ホテル日航成田は、中国人向けモバイル決済「Alipay(支付宝)」と「WeChat Pay(微信支付)」を同時導入する。 2018年5月21日(月)に開業40周年を迎える…

続きを読む

ユニヴァ・ペイキャストは、中国インバウンドのトレンドをまとめたブック「中国インバウンドトレンドガイド2017下半期号」を発行した。 中国の消費者にもっとも馴染みのあるバー…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?