【データ】熊本県の2016年観光客総数

  • 2018年2月8日

前年比18.7%減の4854万人

 4月の地震の影響大きく 外国人宿泊は24.5%減

 熊本県観光物産課がまとめた「平成28年熊本県観光統計表」によると、同県への平成28年1~12月の観光客総数は前年比18・7%減の4854万4838人だった。4月に発生した熊本地震の影響で日帰り客、宿泊客ともに大きく減少したほか、堅調に入り込みを伸ばしていた外国人客も、地震発生以降大幅に減少しその後回復に至らなかった。

 観光客総数の内訳を見ると、日帰り客が20・5%減の4177万3306人、宿泊客が6・0%減の677万1532人だった。このうち宿泊客の県内・県外別の内訳は、県内客が3・6%減の104万8009人、県外客が6・4%減の572万3523人。「熊本地震の被害で休業を余儀なくされた施設があったほか、修学旅行のキャンセルや風評被害と思われる宿泊予約のキャンセルも多く発生した」と観光物産課。夏場以降は「九州ふっこう割」などの施策を展開したことにより、国内客の入り込みが徐々に回復した。

 観光客数の前年からの増減を地域別で見ると、熊本地震で甚大な被害を受けた上益城地域が45・1%減で最も減少率が大きかった。同じく宿泊施設、観光施設、交通網が大きな被害を受けた阿蘇地域も上益城地域に次いで減少率が大きく、37・7%減。両地域とも日帰り客、宿泊客数共に大幅減となった。その一方で、天草、山鹿、荒尾・玉名、菊池、八代、人吉・球磨、水俣・芦北の各地域は復旧関係者の宿泊や九州ふっこう割の効果で、観光客総数は減少したものの宿泊客数は前年実績を上回った。

 観光客総数の各地域別シェアは、阿蘇地域が20・3%でトップ。以下、菊池地域が14・4%、荒尾・玉名地域が11・6%で続いた。

 外国人宿泊客は24・5%減の48万6237人と大きく減少した。これについて観光物産課は、「国際定期便の運休の影響に加え、地震に対する警戒感などもあり、国内客とは違い旅行需要の完全な回復には至らなかった」と分析する。国別シェアは前年とほぼ変わらず、韓国が43・5%でトップ。以下、台湾が24・3%、中国が10・7%で続いた。

 観光消費額も減少し、15・0%減の2565億円だった。内訳は、宿泊客が2・9%減の1092億円、日帰り客が22・2%減の1473億円だった。

 

https://www.kankokeizai.com/image/2018pdf/20180203_12.pdf

 


関連キーワード

関連する記事

大分県は1日、国東半島の魅力を紹介するイベント「『開山1300年、今こそ知りたい六郷満山』~大分・国東半島の秘められた魅力~」を東京・銀座のアンテナショップ「坐来大分」で…

続きを読む

一般社団法人信州上田観光協会は、草刈正雄氏が信州上田観光プレジデント(平成29年4月1日(日)~)を務める長野県上田市の魅力を伝える「MISSION 上田の魅力を攻略せ…

続きを読む

洲本温泉事業協同組合(兵庫県洲本市)が開発していた洲本温泉新泉源「うるおいの湯」がこのほど開湯し、1月26日に開湯式が行われた。 新泉源は地下約1500メートルから掘削…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?