【データ】海外旅行先としての日本の競争力

  • 2021年9月23日

ターゲット市場での日本の強み、弱み把握し、インバウンド施策を

 公益財団法人日本交通公社は6日、コロナ収束後の訪日インバウンド市場再開に向け、海外旅行先としての日本の競争力を確認するために、「海外旅行先としての日本の競争力」レポートを発表した。韓国、中国、台湾、香港、タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、アメリカ、オーストラリア、イギリス、フランスの12カ国・地域別に訪日外国人旅行者を誘致する際に、日本にとって競合となる国・地域を市場別に分析した。その結果、日本の魅力としては、「食事」「観光地・観光施設」「宿泊施設」「ツアー・アクティビティ」が多くの市場で高く評価されている。同財団は「ターゲット市場における日本の強み、弱みを把握して施策に生かすことが重要」と指摘する。

ペイウォール会員向け記事です。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら