【データ】新型コロナウイルスに対する世界各地での意識調査

  • 2020年3月16日

 エニグモは16日、「新型コロナウイルスに対する世界各地での意識調査」の結果を発表した。

株式会社エニグモ(代表取締役最高経営責任者:須田将啓 本社:東京都港区、東証一部:証券コード 3665、以下エニグモ)は、新型コロナウイルスに対する世界各地での意識調査を実施しました。また今回の調査結果をうけ、プライベートツアー予約サイトのBUYMA TRAVELでは予約キャンセル料を無料とする特別対応を行います。
<調査概要>
■調査目的
弊社が運営している旅行サービスBUYMA TRAVELにおいて、海外での新型コロナウイルスに対する対応や旅行者についての反応について多くの質問が寄せられており、今後の旅行の計画や中止を検討する際の多面的な判断の一助となるように世界各国での実状の調査を実施しました。
■調査対象
弊社が運営するサービス(BUYMA、BUYMA TRAVEL)の登録者
■有効回答数
871人
(内訳:日本132名/アジア209名/ヨーロッパ221名/北米249名/オセアニア60名/その他10名)
■調査方法
インターネットによるアンケートを実施
■調査期間
2020年2月28日(金)~2020年3月6日(金) 

調査結果概要

●新型コロナウイルスに対する不安度はアジアが一番高く、「とても不安に感じている人が多い」との回答が60%となった。
●新型コロナウイルスによる日常生活への影響についてもアジアが一番高く、「とても影響が出ている」との回答が43%となった。
●新型コロナウイルスへの対策として「旅行を控えるようになった」と回答した人はアジアで64%、ヨーロッパで48%、北米で39%と世界的に旅行を自粛する傾向になってきている。
●日本人旅行者に対して「かなり歓迎されていない」との回答がアジア/ヨーロッパで16%、北米で10%となり、不要不急の旅行は現在はおすすめしないとのコメントも多く寄せられた。

 

調査結果1. 新型コロナウイルスの感染者が多いエリアでは不安度が高い傾向に

世界的に新型コロナウイルスの感染が広がる中、世界各国での新型コロナウイルスに対する不安度を質問したところ、中国や韓国、台湾、日本など感染者が出ている国では特に不安度が高いことがわかった。
ヨーロッパもイタリアでの感染者が増えている背景があり、不安に感じている人の割合は75%を超える結果となった。

調査結果2. 新型コロナウイルスによって広い地域で日常生活にも影響が出ているという結果に

日本でも学校の休校や在宅ワークの推奨など日常生活に大きな影響が出ている中で、世界的には新型コロナウイルスによる日常生活への影響が出ているのかを質問した。
海外でもアジアを中心に学校の休校や飲食店の休業など新型コロナウイルスにより日常生活に影響が出ていることがわかった。

【自由回答の一部抜粋】
・大邱、慶北地域だけでなく全地域にコロナウイルスが広がり始めています。学校などは休校になっており、住宅街でも外にもあまり人がいない状況です。(韓国)
・学校は先月の旧正月からずっと4月20日まで全面休校でオンライン授業、公務員も3月2日まで自・宅勤務、一般企業も多くが自宅勤務にしています。(香港)
・ミラノがあるロンバルディア州はイタリア国内で一番多くの感染者が出ています、学校も今週いっぱいお休み、美術館も閉まっています、自宅勤務にしている会社も多く、レストランも開店休業、街、地下鉄、バスもいつもより人が少ない様子です。(イタリア)

調査結果3. 新型コロナウイルスへの対策として世界的に旅行を自粛する傾向に

新型コロナウイルスによる影響で日本でも海外旅行のキャンセルや延期などが増えている中、海外でも旅行を控えるようになったのかを質問した。
感染者が確認された国に限らず世界的に旅行を控えている人が今は多いという結果になった。

調査結果4. 世界的に感染者が確認された国に滞在していた人に対しての警戒も強まってきている 

新型コロナウイルスの対策として「コロナウイルスの感染者が確認された国からの帰国者/来訪者と距離を置くようになった」かを質問した結果、どの地域でも距離を置くようになったとの回答が一定の割合あり、感染者が確認された国に対する警戒が強くなっていることがわかった。

調査結果5. 日本人旅行者に対しては歓迎されていない地域が多く、現在は来訪を控えてほしいとのコメントが多く寄せられた。

新型コロナウイルスの感染者が出てからの日本人旅行者に対しての反応を質問したところ、アジア/ヨーロッパでは約4割の人から以前よりも歓迎されていないと回答があった。
ヨーロッパ/北米に関しては日本人というよりはアジア人に対しての警戒が強まっており、不要不急の旅行に関しては控える方が旅行者のためにもなるのではというコメントも多く寄せられた。

【自由回答の一部抜粋】
・残念ながら、アジア(国に関わらず)からの観光客=コロナ保持者のような強い先入観があります。 (アメリカ)
・自分は感染していないと思っても、日本から来た人がマスクの着用をしていないと、白い目で見られます。(タイ)
・周辺で、日本人(アジア人)だというだけで、差別的な発言を受けたという人がいました。 日本人旅行者の方々も、そういった場面に遭遇する可能性はあると思います。(フランス)
・必要がない渡航は、控えて頂けると助かります。 日本人から、ベトナム国内に感染者が出てしまうと、在住している日本人すべてが、隔離の対象にされてしまいます。(ベトナム)

<特別対応概要>
■対象となる予約について
2020年2月25日(火)~2020年4月5日(日)までに新型コロナウイルスの影響によりキャンセルとなった予約

■対応内容
予約商品のキャンセルポリシーに関わらず、BUYMA TRAVELより全額を払戻しいたします。

■申請方法
予約キャンセル後、下記のフォームより払戻し申請をお願いいたします。
https://travel.buyma.com/inquiry/


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら