【データ】外国人旅行者受け入れ人数世界ランキング(2017年度「観光白書」より)

  • 2017年7月7日

 政府の2017年度版「観光白書」は、世界の観光の動向について解説している。世界各国の外国人旅行者受け入れ人数をランキングで比較し、日本のインバウンドの水準を明らかにした。

 2015年の外国人旅行者の受け入れ人数は、フランスが8445万人で1位。15年の訪日外国人旅行者数は1974万人で世界16位、アジア5位だった。16年の訪日外国人旅行者数は2404万人で、15年のランキングにあてはめると、世界で15位に相当する。

 日本は島国であり、海外からの旅行者の入国は空路と水路に限られる。欧州などは多くの国が隣国と陸続きで陸路による入国が多い。同様の条件となるように空路または水路による外国人旅行者受け入れ人数を比較すると、15年の日本は世界で9位、アジアで3位となり、16年の実績をあてはめると、世界で8位に相当する。

 ただ、外国人旅行者受け入れ人数は、国・地域ごとに異なる統計水準で算出されており、比較の際には注意が必要だ。空路または水路による外国人旅行者受け入れ人数についても、数値を把握できない国・地域が含まれていないことに注意する必要がある。



関連キーワード

関連する記事

主に中華圏を中心とした、アジア各国からの誘客に力を入れてきた「昇龍道プロジェクト」だが、欧米豪からの個人旅行客へのアプローチを強めようと、2月25日、名古屋市でシンポジウ…

続きを読む

国土交通省はこのほど、2018年の訪日クルーズ旅客数とクルーズ船の寄港回数(速報値)を発表した。旅客数は前年比3.3%減の244万6千人となったものの、寄港回数は同5.9…

続きを読む

JR九州・由布市まちづくり観光局・ヤマト運輸、福岡~由布院間における「手荷物当日配送サービス」を試行実施する。実施期間は2月15日から5月31日まで。 このたび、一般社団…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube