【データ】夏休み(盆休み)の旅行に関する意識調査

  • 2022年6月24日

 産経リサーチ&データは15日、「夏休み(盆休み)の旅行に関する意識調査」の結果を発表した。

産経新聞グループの調査会社、産経リサーチ&データは、夏季休暇を前に「旅行アンケート」と題して、意識調査を実施しました。調査はインターネット上で、20歳以上の男女を対象に行ない、夏休みやお盆休みの過ごし方などについて、704人から回答を得ました。
■夏休み・お盆休みの過ごし方:調査結果
「普段通りに過ごす」52.8%
夏休み・お盆休みの過ごし方について、52.8%の人が「普段通りに過ごす」と答えました。「日帰り旅行に行く」(7.1%)「宿泊を伴う旅行に行く」(13.8%)「実家に帰省する」(8.8%)と、何らかの旅行を予定している人は3割にとどまっています。「未定」は17.5%でした。

■旅行計画に影響すること:調査結果
気になるのは、「コロナ感染状況」と「観光地の混雑状況」
旅行を計画するにあたって影響することを聞いたところ(複数回答)、「新型コロナウイルス感染状況」(59.4%)、「観光地の混雑状況」(57.8%)を上げる人が多く、国や自治体による行動制限が緩和された後も、感染予防に対する意識が高いことが裏付けられました。

■GoToトラベル:調査結果
「利用したくない」は、わずか6.3%
GoToトラベルについて、前問では旅行に行くきっかけにするとした人は27.8%にとどまりましたが、旅行に行く場合は「利用したい」と答えた人が63.5%となっています。

■まとめ
1年前の同様調査では、緊急事態宣言などの行動制限中であったため、「早く旅行に出かけたい」という傾向が顕著に出ていました。今春から国や自治体の行動制限は緩和されましたが、「旅行に行こう」という機運は高まっていません。インターネットを通して自宅で食事や通販、エンタメを楽しんだりするなど、コロナ禍における新しい生活スタイルが定着したのが要因かと思われます。

【調査概要】
調査名:夏休み(盆休み)の旅行に関する意識調査
調査対象:20歳以上の男女 有効回答 704人 地域/全国
調査期間:2022年4月25日~5月8日
調査方法:弊社モニターによるインターネット調査

【調査実施機関】
調査の実施は、産経新聞グループのリサーチ会社「産経リサーチ&データ」が担当しました。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram