【データ】営業利益・計上利益など利益の状況 日本旅館協会「2018年旅館の経営実態」

  • 2020年2月23日

 日本旅館協会は1月30日、会員施設を対象にした2019年度版「営業状況等統計調査」の結果を発表した。旅館の事業年度決算を基にした18年度の営業状況を集計した結果。有効回答施設数は前年度比36軒減の162軒だった。主な内容を紹介する。

 有効回答施設数の客室数別は、「大規模」(100室以上)が前年度比5軒減の36軒、「中規模」(31~99室)が同21軒減の76軒、「小規模」が同10軒減の50軒。統計の精度は回答数などを考慮する必要がある。

利益の状況は 営業利益、経常利益など

 運営面の指標とな償却前営業利益率(GOP率)は、日本旅館協会の統計では営業利益と減価償却費の合計が総売上高に占める比率として算出している。大規模は8.3%、中規模は7.7%、小規模は5.5%となった。営業利益は、大規模が4084万円(総売上高に占める比率2.1%)、中規模が1449万円(同2.1%)、小規模が233万円(同1.1%)だった。

 経常利益は、大規模が4373万円(総売上高に占める比率2.3%)、中規模が1516万円(同2.1%)、小規模が616万円(同2.8%)。

 就業者1人当たり売上総利益として表した場合の労働生産性は、大規模が813万円、中規模が607万円、小規模が544万円だった。

 


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram