【データ】今年の年末年始と冬シーズン(2022年12月から2023年2月)の旅行に関する意識調査 エクスペディアとHotels.com調べ

  • 2022年12月22日

 エクスペディアとHotels.comは2022年12月19日、25歳~55歳の男女で、少なくとも2、3年に一度は休暇旅行をする人を対象に、両サイトが共同で行った調査「今年の年末年始と冬シーズン(2022年12月から2023年2月)の旅行に関する意識調査」の結果を発表した。

  • 3人に1人が今年の年末年始と冬シーズンの自分へのご褒美を「旅行にしたい」

今年の年末年始と冬シーズンの自分へのご褒美について、36%の人が「旅行にしたい」と回答。また、家族や友人へのプレゼントについても、約半数の51%が「ギフトなどの『物』よりも『旅行』の方が良い」と回答しました。旅行制限のあった期間を経て、「物」よりも旅行などの「体験・経験」が重要だと考える人が増えていることが伺えます。

<今年の年末年始と冬シーズンの自分へのご褒美は「旅行」にしたいですか?「物」にしたいですか?>

<今年の年末年始と冬シーズンの自分へのご褒美は「旅行」にしたいですか?「物」にしたいですか?>

 

<価格を考慮しないとしたら、ギフトなどの「物」よりも「旅行」の方が友人や家族へのプレゼントとして良いと思いますか?>

  • 行きたい旅行先の数の平均は「6つ」。約6割の人が旅行の「ウィッシュリスト」*を作成

また、59%が次に行きたい旅行の「ウィッシュリスト」*を「用意している、用意する予定」と回答し、その「ウィッシュリスト」のなかで、行きたい旅行先を平均で「6つ」リストアップしていることがわかりました。さらに、69%が旅行の「ウィッシュリスト」を用意することで、旅行がもっと楽しみになると思うと回答しました

*旅行の「ウィッシュリスト」とは、いつか行く旅行のために情報(行きたいスポットやレストランなど)を調べて保存やメモをしたもの

<次に行きたい旅行の「ウィッシュリスト」を用意していますか? もしくは、作成する予定はありますか?>

<次に行きたい旅行の「ウィッシュリスト」を用意していますか? もしくは、作成する予定はありますか?>

<その「ウィッシュリスト」に、行きたい旅行先はいくつありますか?>

<その「ウィッシュリスト」に、行きたい旅行先はいくつありますか?>

<旅行の「ウィッシュリスト」を用意することで、旅行がもっと楽しみになる、 もっと行きたくなると思いますか?>

<旅行の「ウィッシュリスト」を用意することで、旅行がもっと楽しみになる、 もっと行きたくなると思いますか?>

  • 今年の年末年始と冬シーズンに「海外旅行」を予定している人は2割に迫る

今年の年末年始と冬シーズンは、18%の人が「海外旅行に行く予定」、66%の人が「国内旅行に行く予定」と回答(「海外・国内の両方」と回答した人は「海外旅行に行く予定」・「国内旅行に行く予定」の両方に重複して算出)。また、今回のタイミングで海外旅行を予定している人のうち76%が、2020年3月以降後、初めての海外旅行となることがわかりました。

<今年の年末年始と冬シーズンに行きたいと思っている、 もしくは既に予約済みの旅行はどのようなものですか?>

<今年の年末年始と冬シーズンに行きたいと思っている、 もしくは既に予約済みの旅行はどのようなものですか?>

<『海外旅行をする予定の人』コロナ禍以降(2020年3月以降)では、 これが初めての海外旅行ですか?>

<『海外旅行をする予定の人』コロナ禍以降(2020年3月以降)では、 これが初めての海外旅行ですか?>

また、一緒に旅行をする相手については、6割以上が「家族」で旅行をする予定と回答しています。そしてエクスペディアとHotels.comの検索データによると、検索されている旅行の平均日数は約2日でした。

  • 旅行にかける費用は「20万円以上」

今年の年末年始と冬シーズンの旅費について、「20万円以上」の出費を予定していると回答した人は、全体の19%となりました。世界的なインフレにも関わらず、5人に1人が休暇にお金をかけたいと考えているようです。

<次回の海外旅行の費用は一人当たりいくらを考えていますか?>

<次回の海外旅行の費用は一人当たりいくらを考えていますか?>

  • 今年の年末年始と冬シーズンの人気海外旅行先は「バンコク」!

エクスペディアのデータで、今年の年末年始と冬シーズンに最も検索されている海外旅行先のランキングを見てみると、「バンコク」、「オアフ島(ハワイ)」、「ソウル」などが上位に挙がりました。王道のハワイ以外は、近場のアジア諸国がランクインしており、「安・近・短」な旅行がトレンドになっています。

 また、67%が雪や冬景色を楽しめる寒い地域への旅行を計画していると回答。そして、旅行をする理由として最も多かった回答は「リラックスして、疲れた自分を癒すため(ウェルネス体験など)」でした。

<今年の年末年始と冬シーズンに行こうと思うのは寒いエリアと暖かいエリアどちらですか?>

<今年の年末年始と冬シーズンに行こうと思うのは寒いエリアと暖かいエリアどちらですか?>

  エクスペディアグループ、アジアのブランド広報代表Lavinia Rajaram(ラヴィニア・ラジャラム)は次のようにコメントしています。「2022年の後半からアジア各国が徐々に水際対策を緩和し始めたことから、アジア圏内でもようやく海外旅行を楽しめるようになりました。新型コロナウイルス感染拡大で旅行ができなかったことや、働き方の変化から、『物』よりも『体験・経験』を重視するようになり、世界中で旅行を楽しむ人がさらに増加しています。エクスペディアとHotels.comは、リーズナブルな旅行プランやお得な旅行術などを通じて、ウィッシュリストにリストアップしたものや体験を実現していく手助けをしたいと考えています。」

「Gift Yourself a Trip~この冬はご褒美旅~」
エクスペディアとHotels.comのお得なプランや特典で、自分へ「旅行」をプレゼントしよう

エクスペディアとHotels.comでは、今年の年末年始と冬シーズンに向けて、お得なプランや特典を用意しております。今年の冬は、自分や大切な人へ「旅行」をプレゼントしてみませんか。
また、エクスペディアでは、アプリからの予約限定で対象の海外ホテルが7%オフとなるクーポンを配布中です。会員価格と合わせるとさらにお得になります。詳細はこちら(https://www.expedia.co.jp/lp/b/international-destinations)から。

<調査概要>
■サンプル数:計1,000名
■調査対象 :25歳~55歳の男女で、少なくとも2、3年に一度は旅行をする人
■調査期間 :2022年11月28日~12月5日
■調査方法 :インターネットリサーチ
※本調査では小数点第1位で四捨五入しているため、足し上げても合計数値が100%とならない場合がございます

エクスペディアについて
エクスペディア(Expedia)は、世界の大手総合旅行ブランドの一つです。旅行者が最大限に旅行を満喫できるよう、旅行に必要なものを集約し、予算内で満足できる旅行を提供するとともに、全ての段取りにおいて弊社からのサポートを感じていただけるよう心掛けています。
また、グローバルに展開しているブランドとして誰よりも旅行者を理解し、必要なものを必要なタイミングで提供していきたいと考えています。最新のテクノロジーのもと、ホテル、航空券、パッケージツアー、現地ツアーなどの豊富な選択肢から、それぞれのニーズを満たす旅行体験をお届けしていきます。

◼ ホームページ: http://www.expedia.co.jp
◼ アプリ   : https://www.expedia.co.jp/app

©  2022 Expedia, Inc. はエクスペディアグループの会社です。全著作権所有。エクスペディア及び飛行機のロゴは、米国 Expedia, Inc. の商標または登録商標です。その他の商標はそれぞれの所有者に帰属します。CST# 2029030-50

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram