【データ】コロナ融資後倒産、過去最多を記録

  • 2022年7月26日

6月時点で前年上回る181件

 帝国データバンクが8日に公表した全国企業倒産集計の2022年上半期報によると、「コロナ融資」を受けた後に倒産した「コロナ融資後倒産」は今年6月までに累計で362件に達した。今年1~6月に限ると181件で、6月時点で前年の166件を上回り、年間最多を更新した。

 当初は1カ月で平均2件前後の発生にとどまるなど少数で推移していたが、コロナ禍から1年目が経過した昨年2月以降は10件を上回るペースで推移。今年3月以降は月間30件を超え、5月は月間最多となる43件に達した。

 コロナ融資後倒産は、最初の発生から100件まで1年1カ月を要したのに対し、200件までの到達期間は6カ月と、発生ペースが加速している。

 実際の融資額が判明した約120社における1社当たりのコロナ融資借入額平均は約6千万円。全体のコロナ融資損失総額は推計で217億2千万円にのぼり、国民1人当たり170円の負担が既に生じている計算になる。

 長引くコロナ禍で業績回復が遅れている中小・零細企業にとって、コロナ融資は大きな重荷となっており、既に融資を運転資金などで使い切っているケースも多い中、「返済開始が本格化する今夏以降、収益力が戻らず返済原資の確保ができない企業の『あきらめ』による倒産が急増する可能性が高まっている」(同社)。

ペイウォール会員向け記事です。


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram