【データ】「思いやり駐車場」に関するアンケート調査 JAF調べ

  • 2022年5月2日

 JAFは28日、「思いやり駐車場」に関するアンケート調査の結果を発表した。

JAF(一般社団法人日本自動車連盟 会長 藤井一裕)は、1月25日(火)~2月28日(月)の約1カ月間JAFウェブサイト内で『「思いやり駐車場」に関するアンケート』を実施し、その結果を4月28日(木)に公開しました。
JAFでは、パーキング・パーミット制度で指定された駐車スペースや、障害者等用駐車区画など、車いす使用者や高齢者、妊婦などの優先駐車場を総じて「思いやり駐車場」と呼んでいます。

本アンケートは、この「思いやり駐車場」の認知度や利用マナーの実態調査を目的におこない、全47都道府県から12,073名(有効回答数)に回答いただきました

■設問および回答一部抜粋
思いやり駐車場の利用で困った事は?

思いやり駐車場が満車の時の対応

「思いやり駐車場の利用は、世間に認知されているか」という設問では、回答者のうち約90%(10,924名)が「少し知っている」「ほとんど知らない」「全く知らない」と回答するなど本駐車場の認知度の低さが明らかになりました。

非利用対象者の駐車場利用についての設問では、1,016名が思いやり駐車場へ駐車したことがあると回答しました。「その他」と回答した745名に理由を尋ねたところ、その中の715名は利用対象者が同乗、妊娠中または産後、一時的な怪我、体調不良などがあげられました。

上記結果を踏まえ、アンケート結果の詳細をひろく公開するとともに、JAF ウェブサイトなどを通じて情報発信や、関係先との連携による思いやり駐車場の認知度向上を図ります。また、“思いやり駐車場の利用については、何らかの理由があり駐車している”、“必要ない人は利用しない、譲り合いの気持ちを持つことが大切”であるということを発信して参ります。

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram