【データ】「ひとり旅」に関する意識調査

  • 2021年4月8日

 トラベルズー・ジャパンは3月8日、運営するオンライン旅行メディア「トラベルズー」で旅行好きを中心としたメンバーに実施した「ひとり旅」に関する意識調査の結果を発表した。ひとり旅の目的は、「寺社仏閣・世界遺産巡り」が37.8%で1位。2位は「温泉」35.7%だった。

 3位は「グルメ」34.3%となり、4位には31.1%で「1人の時間を確保するため」が入った。

 年代別では、40代、60代、70歳以上の1位が「寺社仏閣・世界遺産巡り」であったのに対し、29歳までと50代は「温泉」、30代では「グルメ」が1位となった。

 目的の2位に「温泉」がランクインした一方、ひとり旅で利用した宿泊施設の種類を見ると、「旅館」は31.6%で3位にとどまっている。1位は80.5%を占めた「シティホテル・ビジネスホテル」だった。2位は「リゾートホテル」42.0%だが、1位との間には大きな差がある。

 ひとり旅経験者の8割はシティホテルやビジネスホテルを利用しており、温泉旅館に泊まるのではなく、1人1室利用のできるホテルを滞在先とし、立ち寄りで温泉を楽しんでいるようだ。

 今後のひとり旅では何を目的にしたいかたずねると、1位は「温泉」で55.2%。2位は「寺社仏閣・世界遺産巡り」47.8%、3位には「グルメ」44.5%が入った。

 行きたいエリアは1位が「海外」45.0%、2位「北海道」35.4%、3位「沖縄県」33.5%だった。

 調査はトラベルズー・ジャパン会員を対象として2月19~23日にインターネットで実施。有効回答数は1639人。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら