【テツ旅、バス旅 51】土合駅~天神平スキー場 鎌倉 淳

  • 2022年11月12日

上越線水上駅から普通列車で2駅乗ると、土合駅に到着します。下りホームが新清水トンネル内にある「モグラ駅」として有名で、出口まで462段もの階段があります。息を切らせて地上に出ると立派な駅舎があり、グランピング施設とカフェが併設されています。

 駅前からローカルバスに乗って、7分で谷川岳ロープウェイの土合口駅着。ゴンドラに乗り換えて天神平に至り、リフトで天神峠まで登れば、上越国境の山々を見晴らせます。ここから谷川岳山頂まで往復5時間のトレッキングコース。冬は良質な雪が楽しめるスキー場になっています。

 モグラ駅から、ローカルバス、ゴンドラ、リフトと乗り継げば、壮大な自然を楽しめる山岳リゾートに着くわけで、乗り物アトラクションとしても観光地としても魅力があります。

 しかし、この観光ルートは、そのポテンシャルに比して、あまり活用されていないように感じます。何しろ、水上駅―土合駅間の定期列車は1日5往復だけ。駅からのバスの本数も少なく、列車と接続しているとは限りません。物好きでなければ、天神平へ向かうのに土合駅を使おうとは思わないでしょう。

 かつての土合駅には、上野駅から直通の夜行列車が走っていて、登山客やスキー客でにぎわったそうです。しかし、近年は直通列車も夜行列車もなくなり、登山客もスキー客もあまり見なくなりました。

 谷川岳へのロープウェイは、複式単線自動循環式の平成世代です。ただ、山上の天神平に着くと、施設全体に昭和の残り香が漂います。レトロなレストハウスで休憩するにつけ、ちょっともったいない観光地と、以前から思っていました。

 そこへ、大きな動きがありました。これまで運営を担ってきた東武鉄道グループがロープウェイやスキー場を売却し、星野リゾートが購入したのです。星野リゾートは、観光施設の再生に定評がありますし、スキー場運営の実績も豊富です。ハードなイメージのある谷川岳を、ソフトな観光地として売り出すことを狙っているようです。

 願わくは、JRとも連携して、土合駅を含めた交通アクセスの再構築に力を入れてほしいところ。上越線の上りには、国内では珍しいループ線もあり、モグラ駅と合わせて組み込めば、他に類をみないとても魅力的な観光ルートを作れそうです。

(旅行総合研究所タビリス代表)  

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram