【シニアマイスター経営の知恵 155】脱・平均点 リョケン 代表取締役社長 佐野洋一

  • 2022年7月9日

 ホテルであれ旅館であれ、お客さまに選ばれる理由を持つことは大事である。本稿の表題は、それを考えるキーワードとして掲げた。しかし結論を言えば、これは昔からいわれている「角(つの)を出す」を言い換えたにすぎない。

 レーダーチャート(別名:クモの巣グラフ)というものがある。中心から放射状に何本かの軸線を引き、それぞれに評価要素を当てはめて描くグラフだ。軸が6本なら正六角形、8本なら正八角形の座標フィールドができる。そして例えば、中心を0点、一番外側を100点、その真ん中を50点(=業界平均値)とみなして、これによって商品力などを評価する。

 問題は軸とする要素だ。常識的には、立地環境、施設、料理、サービス…といったものになるだろう。いったんはそれでもいい。ただしこれだけでは、評価はできても、それ以上何の役にも立たない。そこでこの軸に、あえて自社の独断と偏見でフォーカスした要素を入れたものを別に描いてみることをお勧めしたい。例えば―客室の機能、パブリックのムード、庭の魅力、快眠、名物メニュー、朝食、スタッフの親切度…といった具合だ。つまりこれは、「何が特徴と言えるか」、もしくは「これからどんな特徴に磨きをかけていくか」といったことを視覚的に考察するための戦略ツールなのである。

 さて、改めてここに自施設の現状をプロットしてみる。この時、大方全てが50点(=平均点)付近に丸く収まっているとしたら…どこかで「角を出す」=平均点から大きく飛び出す部分を作っていくことを考えてみよう。平均点だけでは戦いに勝てない。「脱・平均点」思考で突破口を切り開くのだ。

 このやり方は、全方位的に高い価値を実現しているところには無用かもしれない。だがそれでもなお一考の余地はある。全てに高質なところでも、もしかすると同等レベルの施設の中では、これといって捉えどころのない「印象の薄い存在」となっている場合もあるからだ。

 (一般社団法人日本宿泊マネジメント技能協会会員 株式会社リョケン 代表取締役社長 佐野洋一)


         

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram