【シニアマイスター経営の知恵 133】質か量かの議論ではなく 琉球大学教授 平野典男

  • 2021年7月24日

 2017年1月の世界経済フォーラムを契機に、SDGs(Sustainable Development Goals 持続可能な開発目標)は世界のビジネスリーダーたちにビジネスチャンスとして捉えられるようになってきた。日本においても、同年11月に経団連が企業行動憲章をSDGs達成の柱として改訂して以降、その認知度が高まっている。

 デロイトトーマツは、SDGsビジネス(SDGsの17の目標に資する製品・サービス等)の各目標の市場規模は70兆から800兆円程度と試算している。企業サイドからはSDGsは大きなビジネスチャンスをもたらす市場であり、SDGsビジネスは企業が生き延びるための戦略と捉えられるようになってきている。

 今、観光業界は新型コロナ感染症のまん延により未曽有の危機にある。特に国際観光は壊滅的であり、2020年の国際観光客到着数は対前年10億人(74%)減少し、観光からの輸出収入は1.3兆ドルの損失を被っている。

 この未曽有の危機下にある観光ビジネスの分野においても、SDGsビジネスは企業が生き残る戦略となりうる。ブッキング・ドット・コムは、これからの旅行においてはサステナブルな意識が高まると予測している。世界中の旅行者の53%が将来はよりサステナブルに旅行したいと表明し、69%の回答者が旅行業界に対して、よりサステナブルな旅行オプションを提供するよう求めている。こうした新たなニーズに応えていくことが、ウィズコロナ・アフターコロナ下での商機につながっていく。

 国連世界観光機関(UNWTO)は、国際観光がコロナ前の水準に戻るにはあと2、3年はかかると予測している。この間、企業が生き残っていくためには、感染予防対策を徹底しながら量の回復に努める一方、SDGsが目指す未来に向けた量から質への転換も進めていく必要がある。量か質かの議論ではなく、SDGsを基軸にしながら、両者を同時に達成することがこれからの観光に求められている。

 (一般社団法人日本宿泊産業マネジメント技能協会会員 琉球大学教授 平野典男)

 

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram