【オマツリジャパンの毎週祭日 70】秋夜に浮かぶ幻想的な紅提灯 お祭りライター・尾形雄樹

  • 2021年3月9日

二本松駅前に並ぶ七台の太鼓台

二本松の提灯祭り(福島県二本松市)

 福島県中央北部に位置する二本松市。二本松藩の城下町として栄え、約5万5千人が暮らすこの街で、約370年続く伝統的な祭りが開催されている。日本三大提灯祭りの一つ「二本松神社例大祭 二本松の提灯祭り」。福島県重要無形民俗文化財にも登録されている。

 開催時期は、キンモクセイが香り始める10月の第1土・日・月曜。そのため地元民は、キンモクセイの匂いによって祭りの訪れを感じ取り、街全体がそわそわとし始める。

 祭りは、宵祭り、本祭り、後祭りの3日間にて開催され、7台の太鼓台と呼ばれる山車に約300個の鈴なり提灯を灯し市内を練り歩く。

 祭りのメインイベントである、宵祭りの七町合同引き廻しの出発式。御神火が、二本松神社より600メートルほど離れた太鼓台の待機場所まで、人の手で運ばれていく。

 点火場所に到着するやいなや、一斉に提灯に火が灯されていき、その場は異様な熱気であふれ返る。字の代表が神社からつないだ思いを御神火に託し、太鼓台が紅提灯の灯りをまとっていく。

 祭りのハイライトの一つが1日目の最後である。出発式から市内を練り歩いてきた7台の太鼓台が、二本松駅前に横一列に整列し宵祭りを締めくくる。飲み込まれそうなほどの秋の闇夜に、煌々と浮かぶ2千個以上の紅提灯には、日本人の陰影礼賛のような風情を想起させられる。

 総重量が2トン近くになる太鼓台には、ハンドルがなく車輪(わっぱ)と綱のみによってかじを切る。出発や停止などの基本動作から、交差点での90度方向転換など、ささいな一動作が大仕事である。そんな困難さの中でさえ、演出としての同心円1080度回転を行う字まである。

 祭り終了後もしばらく道路に残る車輪のわだちは、1年に1度の祭事の余韻とともに徐々に薄れゆく。そんなわだちの消えゆく様は、後ろ髪を引かれながら非日常から日常へ回帰していく人々の心情を表しているようだ。

(お祭ライター・尾形雄樹)

【オマツリジャパン】
日本初の祭りサポート専門会社。「祭りで日本を盛り上げる」を目標に掲げ、祭りのコンサルティング、プロモーション、日本最大級のWEBプラットフォーム運営など、地方創生に取り組む。https://omatsurijapan.com

二本松駅前に並ぶ七台の太鼓台

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第34回「にっぽんの温泉100選」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2020年度「5つ星の宿」発表!(2020年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第34回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2021年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・レジャー&体験」「郷土料理・」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2020年度「部門別・旅館ホテル100選」(2021年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら