【オマツリジャパンの毎週祭日 33】ミステリアスで妖艶な奇祭 お祭りフォトライター・枝広光則

  • 2020年5月27日

狐面の新郎新婦の登場に沸く参加者たち

稲穂祭ーきつねの嫁入り(山口県下松市)

 11月3日、参加した人たちが良縁に恵まれるという伝説の奇祭、稲穂祭を見に山口県下松市花岡へ足を延ばしてみた。下松市という市名は、この地にある松に星が降った、七星降臨伝説に由来している。

 稲穂祭の神事の一部として行われる「きつねの嫁入り」は、人力車に乗り、狐(きつね)面を付けた新郎新婦を中心に50人のお供たちと、地域のお祝い山車・神輿(みこし)を含め、総勢500人近い関係者で盛大に行われる。多くの参列者たちの歓声の中をゆっくりと進んでいく姿はとてもミステリアスな雰囲気だ。

 会場へのアクセスは電車で来るのが散策もできて便利だが、臨時駐車場からピストンバスも出ているため、車でも安心して楽しむことができる。

 到着したらまずは稲荷神社に参拝しよう。こちらの神社には、榊に三角の油揚げとローソクが付いたお供えをするという独特な方法でお参りする。

 狐の嫁入りは午後2時ごろから開始され、新郎新婦が登場すると、沿道では「誰、誰?」とうわさ話が起きるが、祭り関係の方でもごくわずかの人にしか知らされていない。秘密が多いほどミステリアスでいい。ちなみに、新郎新婦になると良縁に恵まれ、それを見に来る方々も良縁があるといわれている。

 お祭りのクライマックスは広場での三々九度儀式だ。

 狐面を付けた仲人や親族が結婚式を執り行い、お相撲さんが優勝した時に飲む大きな朱色の杯で、一口目は神へ、二口目は家族へ、三口目は参加者へと感謝を込めて飲みほし、会場全員で「万歳」そして楽しみの餅まきで終了となる。

 七星降臨伝説の残る地で、きつねの嫁入りへの参加を通し、下松市に残るミステリアスな伝説の世界を体験してみてはいかがだろうか。

(お祭りフォトライター・枝広光則)

【オマツリジャパン】
日本初の祭りサポート専門会社。「祭りで日本を盛り上げる」を目標に掲げ、祭りのコンサルティング、プロモーション、日本最大級のWEBプラットフォーム運営など、地方創生に取り組む。https://omatsurijapan.com

狐面の新郎新婦の登場に沸く参加者たち

 

 
 
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら