【オマツリジャパンの毎週祭日 15】悪霊を鎮める音色の剣鉾 京都散歩の旅・フォトライター 佐々木美佳

  • 2019年12月25日

哲学の道に佇む椿の名所で狛ねずみもお色直し

狛ねずみの杜 大豊神社の氏神祭(京都市)

 京都・哲学の道にある狛(こま)ねずみの社「大豊神社」は鹿ケ谷、法然院、南禅寺一帯の産土神(うぶすなのかみ)。全国8万社もの神社の中でも非常に珍しい、狛ねずみがある神社。子年の初詣には全国から参拝者が訪れ、1時間以上の行列になる。

 神話「古事記」に大国主命をネズミが洞穴に導き、野火の危機から救ったと記されていることから、狛ねずみは大国社に祭られており、縁結びや学業、子授け安産のご利益がある。阿吽(あうん)の狛ねずみは、阿形狛ねずみが学問を表す巻物、吽形狛ねずみは豊穣や薬効を象徴する水玉を持ち、子宝を育んでいる形を表している。

 「酒造り薬の法(のり)を創めたる医師祖神(くすしおやがみ)椿名どころ」と言われる大豊神社のご祭神は医薬祖神の少彦名命。
境内には椿ケ峰の御神水や良縁、招福の石をはじめ、珍しい神様のお使いの動物が鎮座しており、愛宕山の天狗が鳶(とび)帽子をした火伏せの狛鳶、治病健康長寿・金運恵授の狛巳(へび)、商売繁盛の狛狐、鬼門除けには比叡山の神猿(まさる)・狛猿がある。

 ほかには山野草や神花の椿、3月には「洛中一の梅」とも名高い樹齢250年のしだれ紅梅やしだれ白桜も見所だ。

 授与所には3種類の御朱印、開運招福のご利益がある「大豊ねずみ御守」や、可愛い「狛ねずみおみくじ」をはじめとした授与品が並んでいる。

 この大豊神社のお祭りは5月4日に行われる氏神祭。還幸祭では四基の剣鉾(けんぼこ)が悪霊を鎮める美しい音色を奏で、その後を総勢約200人の担ぎ手により御輿(みこし)が巡幸する。

 隔年でお稚児さんの行列もあり、鹿ケ谷通り・白川通を中心に大豊神社の西、哲学の道にある御旅所を出発し、石川五右衛門が「絶景かな」と言った南禅寺、紅葉の永観堂、椿の名所・霊鑑寺の前を巡幸する。

 普段は静かな大豊神社。哲学の道では春は桜、夏は蛍、秋は紅葉も楽しめる。「大」いに「豊」かならしむる御神号にあやかってみては。

(京都散歩の旅/フォトライター・佐々木美佳)

※オマツリジャパンのライターが全国の魅力的な祭りを紹介します。

【オマツリジャパン】
日本初の祭りサポート専門会社。「祭りで日本を盛り上げる」を目標に掲げ、祭りのコンサルティング、プロモーション、日本最大級のWEBプラットフォーム運営など、地方創生に取り組む。https://omatsurijapan.com

哲学の道に佇む椿の名所で狛ねずみもお色直し

 

 

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube