【ウィルス対策特集】AI高速温度感知システム 日本コンピュータビジョン

  • 2020年7月21日

センスサンダーによる体温検知

発熱の疑いがある人 0.5秒で検知

ソフトバンク100%子会社の日本コンピュータビジョン(JCV、東京都千代田区)は、新型コロナウイルス対策としてこの3月、AI高速温度検知システム「SenseThunder(センスサンダー)」を発売した。発売からまだ間もないが全国の病院や、関西国際空港などの公共施設などが採用。高機能が評価されている。「最近では、宿泊施設からの問い合わせが増えている」とJCV。

センスサンダーは、AI(人工知能)を活用した顔認識技術と赤外線カメラにより、対象者がマスクや眼鏡を着用したままでもわずか0.5秒で発熱の疑いがある人を検知する。対象と1.5メートル離れた場所からも検温可能なため、対象者と十分な距離を保てるといった特徴に加え、誤差はわずか0.3度の範囲。発熱者を検知した場合は、音声アラートと、ディスプレイに表示して知らせる。

一般的な非接触型検温装置に比べ、高精度を実現。カメラで捉えた人物画像における「額」の約11万カ所の温度点から一番高い温度点を検知し、そこからAIで体温を推定している。「市販の非接触体温計は無作為に捉えた1点で推定するため、正確な体温との乖離(かいり)が大きい恐れがある」という。

この3日には、福岡市にある宿泊特化型ホテル「ホテルフォルツァ博多駅筑紫口I」が導入し、フロントに設置された。チェックイン時、宿泊者と従業員のソーシャルディスタンスを保ちながら利用されている。「目に見えない安心感を可視化することができ、宿泊者に質の高いホスピタリティを提供できる」と採用を呼び掛けている。

センスサンダーによる体温検知

日本コンピュータビジョン株式会社(JCV)

 


関連キーワード
 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram