【こだわりの宿特集】明神館(長野県・扉温泉)

  • 2017年9月2日

立ち湯「雪月花」

自然にたたずむ名湯

 温泉が多い信州でも特に「西の白骨、東の扉」と称される名湯・扉温泉の明神館(齊藤忠政社長)。1931年6月に創業、今年で87年目を迎える。

 扉温泉の名前は、天の岩戸を開いた天手力雄命(あまのたぢからおのみこと)が戸(扉)を戸隠神社に運ぶ途中にこの地で休んだという神話にちなむ。

 明治初期に発見された扉温泉は「胃腸に効く」として湯治客の人気を集めてきた。標高1050メートルに位置し、国定公園の自然にたたずむ小さな旅館だった明神館も、時代に合わせたリニューアルを行い今では日本を代表する温泉宿に成長した。

 松本市は、松本城などの史跡のほか、なまこ壁の土蔵造りの店が並ぶ城下町など、観光客は歴史に触れながら散策を楽しむことができる。

 ☆明神館は長野県松本市入山辺8967。TEL0263(31)2301。http://www.tobira-group.com/myojinkan/

立ち湯「雪月花」


関連キーワード
新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram