【いらっしゃいませ!】竹葉新葉亭(北海道・湯の川温泉)大桃誠さん

  • 2018年11月30日

和の文化「部屋食」を維持

第979回よその旅館ホテル

 ――宿の売りを教えてください。

 「和風旅館ですので、一つには和食会席です。食事の提供は、昔からの部屋出しを続けています。バイキング形式と比べると手間が掛かりますが、『部屋食がいい』というお客さまもまだ多いので、そのニーズに応えています。訪日外国人客も増えているので、和の文化を伝えていきます」

 ――料理メニューはどんなものを。

 「海に囲まれているので、地産地消で地元の旬な海産物をメインにしています。今の時期はヤリイカやタラなど。2月になると地元でしか取れない、しかも漁期が1カ月間ぐらいの『ごっこ』という魚を『ごっこ汁』としてお出しできます。おいしくて、コラーゲンがたっぷりなので美容にいいですよ」

 ――風呂も自慢だとか。

 「男女それぞれに内風呂、露天風呂が一つずつ。日ごとに男女を入れ替えているので、1泊すれば四つの浴槽すべてを楽しめます。温泉は保温性が高く、冬でも体が冷えにくいのが特徴です」

 ――館名を見ると竹にこだわっているようですね。

 「竹は1年中緑で、風雪に耐え強い植物です。竹のように強い宿にしたいという思いから創業者が名付けました」

 ――おもてなしで心掛けていることは。

 「一期一会をモットーにしています。従業員には『その日その日のお客さまを大切に』と指導しています」

 ――近年、客層の傾向で気づくことは。

 「中国、台湾などアジアのお客さまが顕著に増えています。日本人客では男性も女性も1人旅が目につくようになってきました」

【41室、1泊2食付き2万2千円(税別)から】

竹葉新葉亭公式サイト

 

関連する記事

谷川岳と掛け流しの湯 第980回よその旅館ホテル ――源泉掛け流しの温泉が評判ですね。 「3本の自家源泉から直接引いた掛け流しの湯です。温度の異なる3本の源泉の湯量を調…

続きを読む

リゾート事業への取り組み 関東中心に合計10軒売上100億円を目指す 「ホテル森の風鶯宿」など関東、東北を中心に5軒の旅館・ホテルを展開する日本ハウスホールディングス(…

続きを読む

マーケティング統括配置観光客多い隣県とも連携 ――日本版DMO登録の背景は。 「山口県は、広島県と福岡県の大きな都市に挟まれており、また、人口減少も進んでいる。しかし…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube