【いらっしゃいませ!】松乃荘(滋賀県・びわ湖石山温泉)和田佳菜子さん

  • 2017年11月19日

地産地消の味の宿

第931回よその旅館ホテル

 ──宿の一番の売りは。

 「地産地消の会席料理です。地元・近江で取れた旬の食材にこだわっています。琵琶湖特産のセタシジミを使い目の前で炊き上げるしじみ釜飯はうまみが濃く、自慢の一品です。夕食のメーンはやはり近江牛。近江牛の名前を広めた老舗『松喜屋』の牛肉をたっぷり使った、すき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキを楽しんでいただけます」

 「12〜2月末には天然の真鴨を使った『本鴨鍋』をお出ししています。合鴨にはない深い味わいが特徴です。値段の張るプランですが、それでも本鴨鍋を楽しみに毎年来館されるお客さまもいらっしゃるほどです」

 ──客層については。

 「地元の方が中心です。お泊まりのお客さまには、紫式部ゆかりの古刹、石山寺に参拝にいらした年配のご夫婦も目立ちます。このほか夏休みには家族利用もありますし、年に数回、修学旅行の利用もあります。外国人客は、当館のホームページ(HP)が日本語だけなこともあり、台湾、香港の方が少しいらっしゃいますが、京都あたりのようにたくさんは来ていません」

 ──経営の課題は。

 「昔ながらの旅館なので設備面で時代に合っていないところがあり、将来を考えると改修は大きな課題です。あとは広告宣伝です。近隣のおごと温泉のような大きな宿が集まっている有名温泉地とは違い、地元でもあまり知られていないので、いかに露出を高めていくかは課題ですね」

 ──今後取り組みたいことはありますか。

 「インバウンド対策でしょうか。HPの多言語対応もですが、海外の宿泊予約サイトにも手を伸ばすなどしていけたらいいですね」

 【13室、1泊2食1万3800円(税込み)から】

トップページ

 

関連する記事

復興の先を見据え活性化観光企画人材を育成支援 ──さんりく基金立ち上げの背景は。 「三陸地域の産学官民の連携強化などを支援する『三陸地域総合研究センター』を母体に、『…

続きを読む

犬と一緒に泊まれる 第941回よその旅館ホテル ──セールスポイントを教えてください。 「こんぴらさんの参道にある旅館で、かつ、わんちゃんと一緒に泊まれます。ペット連れ…

続きを読む

数寄屋造りの五つの離れ 第940回よその旅館ホテル ――宿の特長は。 「数寄屋造りの離れの部屋が五つあります。中央に日本庭園があり、それを囲むように離れがあります。落ち…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?