【いらっしゃいませ!】日本の宿 茶六別館(京都府 ・宮津温泉)馬越 優さん

  • 2020年9月9日

丹後の魚介、月替わりで

第1051回よその旅館ホテル

 ――宿の一番のこだわりというと。

「お料理です。丹後の新鮮な魚介類を中心とした季節感のある、月替わりのお料理を楽しんでいただきたいですね。お越しになるお客さまも“美味(おい)しいものを食べたい”と、ここでしか味わえないものを楽しみにされています。夏は大きさ、味の良さ(柔らかく甘い)で日本一といわれる、丹後とり貝、秋は脂がのって繊細な旨味が出るグジ(甘鯛)、そして冬は松葉がに、寒鰤(ぶりしゃぶ)。季節の味を京風懐石でご提供しています」

 ――和風建築の館も素敵ですね。

「意匠を凝らした純和風の造りながら、どこかほっとする佇まいをリピーターのお客さまは気に入ってくださっています。創業は江戸中期で、11代目の茶谷六治が昭和6年に料理旅館として建てたのが当館です。建築の際には大工衆を連れて全国の和風建築を訪ね歩き、職人の技を研究し、随所に工夫を凝らしたそうです。三つの庭は季節ごとに表情を変え、春はツツジ、夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪景色と、美しく移ろいます」

 ――客室の方は。

「11室のお部屋は、全て造りが異なります。特別室『蓬莱』は、書院造りのお部屋の両側にお庭を配し、鳥のさえずり、緑の美しさや静寂など、ゆるやかな時の流れを感じていただける空間です。また、2階の『加茂』は数寄屋造りで、天橋立を横一文字に眺められる海側のお部屋です」

 ――温泉、風呂は。

「宮津温泉『ピント湯』は民謡・宮津節にちなみ、疲労回復、美肌に効果があるとされます。当館のお風呂は、庭園が眺められる『小町の湯』と『太郎の湯』でそれぞれに内湯と露天風呂がございます」

【1泊2食付き2万3500円(税別)から】

天橋立 宮津温泉【茶六別館 公式HP】数奇屋造りの料理旅館 

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第33回「にっぽんの温泉100選」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位指宿

2019年度「5つ星の宿」発表!(2019年12月14日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第33回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2020年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2019年度「部門別・旅館ホテル100選」(2020年1月11日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram