【いらっしゃいませ!】扇屋(福井県・大野市)山村麻理枝さん

  • 2018年5月16日

海鮮懐石料理が自慢

第951回よその旅館ホテル

 ──どんなお宿ですか。

 「北陸の小京都と呼ばれる越前大野にあります。武家屋敷跡に立地する旅館で、館内は武家屋敷の面影を残す静かなたたずまいです」

 「近くには『天空の城』と話題になっている大野城があります。一部の部屋からお城が見られますし、大浴場からも男性用だけですが、見ることができます。これらの観光地に徒歩で行けるので場所としてはいいですね」

 ──客層は。

 「観光のお客さまや荒島岳などの登山のお客さま、そして冬はスキーのお客さまがいらっしゃいます。外国の方はたまにおいでになりますが、まだ少ないですね。一番多いのは台湾です」

 ──料理は何を。

 「地元の名物がサトイモなのですが、これを使った料理を必ず1品は入れるようにしています。ほかにも山菜など、地元のものを取り入れています。冬はカニが中心になりますね。『名水100選』に選ばれたきれいな水が近くから湧き出ていますので、料理が一層引き立ちます」

 ──予約の手段は。

 「ネットか電話で予約をいただきますが、最近はネットの方が多いですね」

 ──経営上の悩み事は。

 「人手不足や施設の老朽化など、たくさんあります(笑い)。最近はネットの口コミ対策で、この対応は難しいですね」

 ──これからどんな宿に。

 「古いものを大切にしつつ、新しいものもどんどん取り入れてやっていきたいです」

 ──1泊2食の料金は。

 「部屋タイプや料理の内容で異なりますが、よくご利用いただくのは税別1万1千円のプランです」

【22室、約50人収容】

http://echizenoono-oogiya.com/

関連する記事

――まず、DMOとは。 「公的な組織として観光協会があるが、地域振興の中心に据えて取り組むには体制、地域を観光の視点でマネージメントできる組織が必要となり、2年半前に観…

続きを読む

食から島の文化知って 第965回よその旅館ホテル ――ホテルニューアワジ(兵庫県洲本市)グループのホテルとして、6月20日にオープンされました。特徴は。 「淡路島は食材…

続きを読む

支配人が全国から食材を厳選 第964回よその旅館ホテル ――セールスポイントは何でしょうか。 「料理です。支配人が自らの足で全国各地を回り、生産者から直接食材を仕入れて…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら

17年度「部門別・旅館ホテル100選」(2018年1月20日発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

第31回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2018年1月1日発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

第31回「にっぽんの温泉100選」発表!(2017年12月16日発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2017年度「5つ星の宿」発表!(2017年12月16日発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube

温泉エッセイスト 山崎まゆみさんが来社!