【いらっしゃいませ!】奥壱岐の千年湯 平山旅館(長崎県・湯ノ本温泉)平山宏美さん

  • 2019年1月23日

応神天皇産湯伝説、子宝の湯

第984回よその旅館ホテル

 ――館名に「千年湯」とあり、長い歴史を持つ温泉のようですね。

 「湯ノ本温泉は、1800年前に応神天皇の産湯に使われたという伝説の温泉です。また、子宝の湯としても知られ、私も4人の子どもに恵まれました。湯は茶褐色で『黄金の湯』とも呼ばれています」

 ――とてもお元気ですね。

 「毎日、大型バスでお客さまの送迎をしたり、食材となる無農薬野菜の自家栽培をしたりしています。グルメ番組のロケでいらした松岡修造さんには『平山女将は壱岐のパワースポットだ』と書いていただきました。とにかく、世のため人のため、壱岐の活性化のために頑張っています」

 ――おもてなしの心得は。

 「8部屋しかありませんので、お客さまが何を目的にいらしたのかを上手に聞き出し、どうしたら楽しく過ごしていただけるのかを考えて、満足していただけるよう努力しています。構ってほしくないカップルにはしつこく接しないなど、人を見極めてもてなしをしています。だから、サービスマニュアルは作っていません」

 ――料理は。

 「壱岐島の山海の恵みをふんだんに使用した海鮮会席料理です。主人が勝本漁港の競りに出て魚介を仕入れるほか、ミツバチや地鶏を飼い、タイやウナギを釣り、マガモを取るなどして、それを料理で提供しています」

 ――客層は。

 「温泉にゆっくり浸かりたい人、月読神社や小島神社を巡る人、釣りやグルメを楽しむ人などさまざまです」

 ――今後の目標は何かありますか。

 「壱岐の体験プログラムをたくさん作り、壱岐を『癒しの島』として世界に発信していきたいですね」

【1泊2食付き1万8千円(税別)から】

平山旅館公式サイト

関連する記事

魚屋直営、魚介類に自信 第988回よその旅館ホテル ――セールスポイントは。 「料理です。魚屋直営の宿ですので、魚介類には自信があります。いけすからそのまま取り出して調…

続きを読む

JR東海ツアーズの取り組み 新基幹システムを活用静岡DC機に連携深化 ――社長に就任し、半年が経過したが。 「昨年6月に着任以降、大規模な自然災害が相次ぎ、当社の主力…

続きを読む

五つの浴槽、源泉掛け流し 第987回よその旅館ホテル ――場所はどのへんですか。 「古町地区にあり、塩原温泉バスセンター駅から徒歩8分のところです。近くには国の天然記念…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube