「SMAP」「居酒屋」「エヴァ」 JASRAC、平成の著作権物使用料分配トップ100発表

  • 2019年5月11日

 日本音楽著作権協会(JASRAC)はこのほど、平成元年から平成31年にかけての著作物使用料の分配額トップ100を発表した。1位はSMAP「世界に一つだけの花」(槇原敬之作詞・作曲)、2位は五木ひろし・木の実ナナ「居酒屋」(阿久悠作詞、大野克夫作曲)、3位はアニメ「エヴァンゲリオンBGM」(鷺巣詩郎作曲)となった。

 ランキングは、「平成」期にJASRACが作詞家、作曲家、音楽出版社などの権利者へ分配した著作物使用料の合計額の上位100曲をまとめたもの。CDや配信による売り上げだけでなく、コンサート、カラオケ、放送などあらゆる利用が反映されている。

 CDの売り上げ枚数が最大になった平成10年を頂点として平成元年代、10年代はCDの利用が大きな比率を占めていたが、その後、DVDやブルーレイを中心とした映像での利用や、ネット配信における利用の比率が大きくなっている。

 「CD、DVD、配信など利用の変化がある中でも、カラオケやテレビ、ラジオなどの放送における利用は常に変わらず多くの人の耳に触れ、歌われることで、これらを通じた対価還元がクリエーターを支えてきた」とJASRAC。

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube