「20年連続」に期待 草津温泉の一行が本社訪問

  • 2022年12月11日

あいさつする観光協会の山本会長(左)

 草津温泉(群馬県草津町)の山本剛史・観光協会長、直井新吾・商工会長、黒岩裕喜男・旅館協同組合理事長らが11月25日、東京都台東区の観光経済新聞社を訪れ、積田朋子社長と懇談した。第36回「にっぽんの温泉100選」で1位となれば20年連続という輝かしい記録となるだけに、一行は行方に強い関心を示した。

 訪れたのはほかに、観光協会副会長の小林由美、山本隆士の両氏、旅館組合エージェント部会長の中沢一裕氏ら計9人。

 2022年度上半期(4~9月)の入込客数は約150万人で順調に推移。「10月はコロナ禍前の19年比で95%から100%で、施設によっては100%を超える入り込みもある」という。

 1万冊以上の漫画がそろう「漫画堂」やカフェ、温泉ではここだけという「顔湯」、体験施設の「百年石別邸」など、裏草津の整備で散策の楽しみが増えたが、来年秋には温泉の玄関口に「温泉門」がお目見え、新たな名所となりそうだ。

 水際対策の大幅緩和や全国旅行支援で客足は回復しつつあるが、深刻化しているのが人手不足。草津も例外ではない。このため人材の確保・育成、定着を図るため、手法の検討や移住定住促進に努めるという。

 イベントも目白押し。来年1月20、21日には西の河原通りにアイスキャンドルを設け、2月にはムーンライトウオーク&星空ウオーク、3月には冬花火を実施する。「まち歩き手形」の作成も検討。

 このほか、旅館組合では休止していた湯畑キャンドル「夢の灯り」の再開も視野に入れる。

 山本会長は「(100選の)順位が気になる。20年連続であれば大変な名誉であり、今後の励みになる」と期待をにじませた。


あいさつする観光協会の山本会長(左)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram