「観光立国実現へ活動」 全日本ホテル連盟 50周年記念式典開く

  • 2022年11月30日

 全日本ホテル連盟(ANHA、清水嗣能会長)は15日、東京會舘(東京都千代田区)で創立50周年記念式典を開いた。清水会長が参列者への感謝を述べ、同式典のテーマを「Future Design ANHA」(ありがとう、そしてこれからも共に)に据え、会員への裨益(ひえき)に加え、観光立国実現に向けて活動していく方針を示した。

 同会は、創立50周年の節目であった昨年に開催を予定していたが延期を余儀なくされ、今回ようやく開催に至った。冒頭あいさつで清水会長は、同連盟の設立から現在までの経緯を振り返りながら、コロナ禍をともに乗り越えてきた宿泊施設業界や旅行業界、連盟の成長を支えてきた会員への感謝の言葉を述べた。

 同連盟の活動方針「MVVS」(Mission、Vision、Value、Statement)の意義に触れながら、「地域が良くなると、日本全体が良くなっていく。会員が良い情報を互いに持ち寄り、切磋琢磨できる会にしていく。地域に貢献し、観光立国実現にも尽力していきたい」と抱負を述べた。

 来賓を代表し、斉藤鉄夫国土交通大臣、自民党国土強靭(きょうじん)化推進本部長で全国旅行業協会(ANTA)会長の二階俊博氏が祝辞を述べた。斉藤大臣は、「水際対策の緩和や全国旅行支援により、わが国は観光の反転攻勢の大きな一歩を踏み出した。観光立国推進閣僚会議で岸田文雄首相からの指示を踏まえ、先般閣議決定した経済対策や補正予算案においても、複数年度にわたる計画的で継続的な支援が可能となる、観光地・観光産業の再生・高付加価値化への取り組みの支援、インバウンドのV字回復に向けた集中的な取り組みへの支援などを盛り込んだ。政府一丸となって観光の本格回復への取り組みを進める」と語った。

 二階氏は「日本を躍動させていくには、観光の躍進が重要。観光は単なる経済産業の振興や発展のみならず、日本の躍進でも大きな役割を担っている。同時に、国際的に日本の存在がより評価されるためには、国際的なマナーやエチケットが大事」と言及。「観光業界の皆さまが各方面でリーダーシップを発揮していることをうれしく思うが、まだ余地がある。その余地こそ観光業界の明日につながる」と述べ、成長産業としての観光の大きな可能性について強く訴えた。


二階氏


斉藤国交相


清水会長

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram