「滞在・循環型観光のススメ」 由布市、東京・銀座で観光説明会

  • 2019年3月14日

滞在型旅行を提案する関係者

 大分県由布市は2月26日、エリアを巡る新たな観光ルート、旬な情報を発信する説明会「由布院温泉を拠点とした滞在・循環型観光のススメ」を東京・銀座の大分県東京事務所、坐来大分で開催した。観光関係者、マスコミら約40人が参加。進化する由布院の観光の魅力や利便性を発信するとともに、由布院温泉を中心とした滞在型の旅行を提案した。

 冒頭、由布市商工観光課の衛藤浩文課長は、「由布市は大分だけでなく九州の中央に位置し、歴史がある温泉地を有している。大分空港、福岡空港からも近く、アクセスも良い。新しい季節に向け観光誘客を拡大していく」とあいさつした。

 由布市では、由布院温泉を中心とした、湯平温泉、塚原高原、庄内(黒岳、男池)、挟間(由布川峡谷)エリアを巡る新たな観光ルートを開発している。プレゼンテーションでは、由布院温泉観光協会が「辻馬車クラウドファンディング」、湯布院塚原高原観光協会が「TOKYOBIKE」を利用したレンタルサイクル、湯平温泉観光協会が419個の提灯が夜の石畳通りを照らす「赤提灯事業」、庄内町観光協会が日本名水百選で1日2万トンの水が流れる「男池」、はさま由布川峡谷観光協会がキャニオニングが楽しめる「由布川峡谷」を紹介した。

 「九大線が復旧し、JR九州の『特急ゆふいんの森』が30周年となるなど、由布院全体が盛り上がっている。ぜひ訪れてほしい」と訪問、発信を呼び掛けた。

 このほか、情報交換会では、「ぶんご合鴨葱(あいがもねぎ)しゃぶ」「挟間野菜」など大分県の旬の食材を参加者に振る舞い、食の魅力を紹介した。

滞在型旅行を提案する関係者

関連する記事

山口県は、観光プロモーション新キャッチフレーズ「YAMAGUCHI MAGIC!」を発表した。 去る3月11日(月)、山口県への誘客拡大につなげるため、首都圏エリアの旅…

続きを読む

岐阜市は、冊子「ええとこたんと岐阜市2019」を発行した。 岐阜県岐阜市(市長:柴橋正直)は、岐阜市の“ええとこ”(良いとこ)を“たんと”(たくさん)紹介する冊子「ええ…

続きを読む

岩手県は20日、岩手県知事責任編集「コミックいわて∞(エイト)」が発売されたと発表した。 岩手県知事責任編集「コミックいわて」シリーズの第8弾、『コミックいわて∞(エイト…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube