「洞爺」「札幌」が人気 Reluxトラベルラボ「インバウンド北海道旅行動向調査」

  • 2019年12月9日

 旅館・ホテルの宿泊予約アプリ「Relux(リラックス)」を運営するLoco Partnersはこのほど、顧客の旅行動向や人気の宿泊施設の傾向を調査する機関「Reluxトラベルラボ」から、「インバウンド北海道旅行動向調査」の結果を発表した。インバウンド旅行者の人気エリアとして「洞爺」「札幌」、人気宿として「ザ・レイクスイート湖の栖」(洞爺)を選出した。

 調査は、インバウンド旅行者の人気都道府県ランキングで北海道が上位にランクインしていることから、その動向を探るべく実施。Reluxの12月1日から来年2月29日までの11月18日付の予約件数を元に集計された。

 インバウンド旅行者の人気エリアでは、洞爺、札幌が上位にランクイン。洞爺は洞爺湖など雄大で美しい景観や雪、温泉などのほか、Wi―Fi環境の整備、ウェブサイトの多言語化、キャッシュレス決済の導入など受け入れ態勢が評価された。札幌は、北海道の玄関口である新千歳空港から近く、名物料理を堪能できる飲食店や買い物が楽しめることから人気を集めた。3位には「函館・大沼・松前」が入った。

 国別の1位は、中国と英語圏が洞爺、韓国が定山渓、台湾・香港が札幌だった。

 人気宿タイプランキングの第1位は「リゾートホテル」に。全国では「旅館」が人気だったが、雄大な自然に囲まれ、敷地や館内でアクティビティなども楽しめることが選出の理由として多かった。旅館、ビジネスホテルが続いた。

 食事タイプの第1位は「2食付き」(57%)に。「宿泊施設ならではのおもてなしやサービス、北海道の海、山の幸を期待する旅行者が多い」と同社。食事なし(22%)、朝食のみ(21%)が続いた。

 人気宿ランキングは次の通り。(施設名称、エリア、宿タイプ)

 1位・ザ・レイクスイート湖の栖(洞爺、リゾートホテル)▽2位・ベッセルホテルカンパーナすすきの(札幌、ビジネスホテル)▽3位・HOTEL&SPAセンチュリーマリーナ函館(函館・大沼・松前、シティホテル)▽4位・祝いの宿 登別グランドホテル(登別・室蘭、旅館)▽5位・旅亭 花ゆら(登別・室蘭、旅館)

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第35回「にっぽんの温泉100選」発表!(2021 年12月20日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位別府八湯

2021年度「5つ星の宿」発表!(2021年12月20日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第35回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2022年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2022年1月17日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram