「栗駒登山できます」 一関市の宣伝隊がアピール

  • 2019年9月26日

紅葉のポスターを手にする菅原さん(左)と千葉さん

 栗駒山(岩手、宮城、秋田県)の登山道の一つが閉鎖されたことで、登山ができなくなったと誤解が生じていることから、岩手県一関市と同市観光協会の宣伝隊が12日、東京の観光経済新聞社を訪問し、別ルートを使い登山が問題なくできる現状をアピールした。

 栗駒山(別名・須川岳)は日本の二百名山の一つで、標高1626メートル。3県から九つの登山道があり、初心者でも比較的登りやすいと人気が高い。岩手県側からは一関市の須川高原温泉を起点に、「須川コース」と「産沼(うぶぬま)コース」の二つの登山道がある。

 このうち須川コースの途中で基準値より高い濃度の火山性ガスが発生し、今年5月20日の山開きを前に、同コースが通行止めになった。再開のめどは現在も立っていないが、もう一つの産沼コースは問題なく通行できる。

 ただ、山頂まで行けなくなったとの誤った情報が拡散され、岩手県側起点の須川高原温泉の宿泊と日帰り入浴利用者数が今年5~8月で前年同期比約6千人減少するなど「風評被害」を受けている。

 市や観光協会では対策のため、産沼コースの美しい紅葉をアピールする写真ポスターを作成し、1300枚をJR東日本管内主要駅に掲示。8月7、8日は登山家の南谷真鈴さん参加による清掃登山と講演会を行った。

 一関市観光協会の菅原清忠事務局長と一関市商工労働部観光物産課観光係の千葉智輝主事は「登山は11月初めまで、紅葉は9月下旬から10月上旬まで楽しめる」「産沼コースは須川コースより少し難易度が高いが、平坦な周遊道も整備されている。登山は難しいという年配の方も気軽に山歩きを楽しめる」とアピールした。


紅葉のポスターを手にする菅原さん(左)と千葉さん

関連する記事

トリップアドバイザーが10日発表した「日本の美術館・博物館ランキング2019」で、美術館の1位は「ポーラ美術館」、博物館の1位は「知覧特攻平和会館」となった。 口コミとラ…

続きを読む

滋賀県、浜松・浜名湖ツーリズムビューロー(静岡県)、茨城県は4日、琵琶湖、浜名湖、霞ケ浦の3湖でのサイクリングを紹介する「首都圏PRイベント」を東京・南青山のLIFEC…

続きを読む

ラプラス起用ファミリー層に訴求 宮城県は1日、観光キャンペーンを開始した。キャンペーンキャラクターに人気ゲーム「ポケットモンスター」に登場するのりものポケモン「ラプラス…

続きを読む

新聞ご購読のお申込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

 英語応対能力検定

注目のコンテンツ

第32回「にっぽんの温泉100選」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 1位草津、2位別府八湯、3位下呂

2018年度「5つ星の宿」発表!(2018年12月15日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第32回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2019年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「泉質」「見所・体験の充実」「郷土の食文化」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

18年度「部門別・旅館ホテル100選」(2019年1月12日号発表)

  • 「料理」「サービス」「風呂」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube