「持続可能な地域へ」 國學院大學観光まちづくり学部がフォーラム

  • 2022年12月2日

西村氏(左)と吉見氏の対談

 今年4月に新設された國學院大學の観光まちづくり学部(西村幸夫学部長)は11月15日、第3回「観光まちづくりフォーラム」を東京の同大学渋谷キャンパスで行った。「持続可能な地域の実現に向けて」をテーマに、同学部教授に来年度就任予定の吉見俊哉氏(東京大学大学院教授)の基調講演、吉見氏と西村学部長の対談、パネルディスカッションを行った。

 吉見氏は自身が進める「東京文化資源区」構想を説明。東京の貴重な文化資源が集中する谷根千、上野、秋葉原、神田など東京都心北部の半径2キロ圏内を同一エリアと捉え、観光振興を図るべきと、トラム、ボートなど圏内のスローモビリティの整備、歴史的建造物を維持するための法律の適用除外を目指している。

 ただ、「東京は地方に比べて危機感がないため『資源区』のようなプロジェクトを行うのは難しい」(吉見氏)と指摘。

 西村氏は「地方においてイノベーティブ(革新的)な取り組みを行っている事例が(数多く)ある」と、地方における先進的な観光まちづくりの可能性に言及した。


西村氏(左)と吉見氏の対談

 
新聞ご購読のお申し込み  ベストセレクション

 メルマガ申し込み

注目のコンテンツ

第36回「にっぽんの温泉100選」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 1位草津、2位下呂、3位道後

2022年度「5つ星の宿」発表!(2022年12月19日号発表)

  • 最新の「人気温泉旅館ホテル250選」「5つ星の宿」は?

第36回「にっぽんの温泉100選・選んだ理由別ベスト100」(2023年1月1日号発表)

  • 「雰囲気」「見所・レジャー&体験」「泉質」「郷土料理・ご当地グルメ」の各カテゴリ別ランキング・ベスト100を発表!

2022年度「投票した理由別・旅館ホテル100選」(2023年1月16日号発表)

  • 「料理」「接客」「温泉・浴場」「施設」「雰囲気」のベスト100軒

観光経済新聞の人材紹介

  • 旅館・ホテルの人材不足のお悩み無料相談はこちら
Visit Us On FacebookVisit Us On TwitterVisit Us On YoutubeVisit Us On Instagram